編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クラウドWMS『ロジザードZERO』の中国OEMサービス『e-倉管』が上海にて自動搬送ロボット(AGV)導入センター稼働

ロジザード株式会社

From: PR TIMES

2019-08-16 15:00

 ロジザード株式会社のグループである龍騎士供応鏈科技(上海)有限公司(本社:中国上海、執行董事:金澤茂則 以下、ロジザード)と、ヤマトホールディング傘下の雅瑪多国際物流有限公司(本社:中国広州、董事長松本光市※1 以下、YIL)は、両社が連携し企画しておりました、YILが上海地区で展開する上海ロジセンター(上海市嘉定区)での自動搬送ロボット (以下、AGV)を活用した物流センターの運用が開始されましたのでお知らせいたします。



1.背景
 中国市場でのeコマース(通販)の拡大は周知のところですが、特にキャンペーン実施の際の物量波動への対応は、「作業人員を増やす」という旧来の手法に頼らざる負えない点が大きな課題でした。さらに、人件費の高騰や作業員不足の課題は、中国においても日本と同様な情勢にあり、中長期的な対応を必要としています。
 これらの課題に対処するため、ロジザードが中国企業にOEM提供するWMS「e-倉管」と、北京极智嘉科技有限公司(Geek+)※2のAGVとの連携による自動化物流システムの構築プロジェクトにて、3PL※3であるYILと倉庫内の運用を共同で企画し、稼働をいたしました。

2.ロジザードが提供するWMSとAGVとの連携による自動化物流システムの特徴
 当社の開発したAGV連携システムは、3PLが要求する「複数荷主」の運用が可能となる設計です。これまでのAGVシステムは荷主単位での個別導入が主だったものであり、採算上、大規模な荷主向けとされていました。当社のクラウドWMS『ロジザードZERO』はAGVの運用を標準化することで、複数の荷主間でAGVや棚等の設備をシェアすることが出来ます。これによって自動化設備のコストを最小化(投資回収期間の短縮)すると同時に稼働を最大化(=生産性増加)することが可能となりました。本件は、日本に先行して中国企業にOEM提供するWMS「e-倉管」での稼働となったものです。

3.今後の展望
YILにおける第一弾の導入は、eコマース事業を展開されている既存顧客から開始いたします。その後、他荷主へ順次適用する予定です。当社は引き続き稼働支援を行い、より標準的に活用できる機能の企画を進めて行くと同時に、今後もAGVにとどまらず様々な自動化設備との連携企画を共同で進めてまいります。
また同時に、ロジザードにおいて、クラウドWMS『ロジザードZERO』へ順次機能移植を行い、日本の3PL企業へAGVの活用を提供できる体制を作り、サービスの拡充を進めてまいります。
ロジザードグループは、今後も最新テクノロジーを積極的に導入し、お客様の「次世代倉庫」の構築を進めてまいります。


※1:雅瑪多国際物流有限公司:ヤマトホールディングス(日本)100%子会社 本社:中国広州。
中国国内外引越業務、国内/国際物流、倉庫業務、郵便越境小包業務、海外直購支援などを中国内で展開している。
(リンク »)
※2:北京极智嘉科技有限公司:本社北京。
中国、香港、台湾、日本、オーストラリア、シンガポール、ヨーロッパ、米国各拠点に100以上のロボット倉庫プロジェクトに5000台以上のロボットを供給している。日本での販売は、株式会社ギークプラス(千葉県印西市)が行っている。
(リンク »)
※3:3PL(third party logistics):荷主企業に代わって最も効率的な物流戦略の企画立案や物流システムの構築の提案を行い、かつ、それを包括的に受託し実行する企業のことです。


■雅瑪多国際物流有限公司上海ロジセンターの概要

[画像: (リンク ») ]


■ロジザード株式会社の概要
ロジザードが提供する「ロジザードZERO」は、2012年9月に販売を開始した自社開発のクラウドWMS (倉庫管理システム)です。
高いコストパフォーマンス、幅広い業態の荷主を管理しうる柔軟性、導入までのスピード感、365日電話対応可能なサポート体制、そして何より「システム会社」としてではなく顧客に寄り添って1社1社丁寧に導入支援を行う「サービス会社」としての姿勢が評価され、既存ユーザ及び業界周辺企業による紹介・口コミを中心に実績を伸ばしてきました。導入実績は1000現場以上、とWMS業界において圧倒的な実績トップシェアを誇ります。

名称: ロジザード株式会社(証券コード:4391 東証マザーズ)
代表者: 代表取締役社長 金澤 茂則
所在地: 〒103-0013東京都中央区日本橋人形町三丁目3番6号
設立: 2001年7月16日
事業内容: ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)事業、情報システムの開発及び販売ほか
企業サイト: (リンク »)
ロジザードZERO: (リンク »)
e-倉管:  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]