編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「つみたてNISA・iDeCoシミュレーション」を提供開始

マネックス証券株式会社

From: PR TIMES

2019-08-20 16:00

~最適な積立投資プランや節税効果が分かる~

 マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:清明祐子、以下「マネックス証券」)は、本日2019 年8月20日(火)より、お客様の投資目的に適した積立投資プランを提案させていただくオリジナルサービス「つみたてNISA・iDeCoシミュレーション」の提供を開始しましたのでお知らせいたします。なお、本シミュレーションはマネックス証券に口座をお持ちでなくてもご利用可能なサービスです。



■背景
 「老後2,000万円問題」をきっかけとして、あらためて長期・積立・分散投資の資産形成制度であるつみたてNISA(ニーサ)と個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)への関心が高まっており、マネックス証券においても両制度へのお問合せやお申込が増えております。
 しかしながら、投資未経験の方が両制度を十分に理解して、どちらがご自身の資産形成の目的により適しているのかを正しく判断するのは難しく、また相当の時間を要するというのが実情です。
 この課題を解決するため、数項目の入力を行うだけで、つみたてNISAおよびiDeCoを利用した積立投資プランの提案が受けられる新サービスの提供を開始いたします。

■サービス概要
(1)自分に合う積立制度を見つけるためのシミュレーション
   つみたてNISAおよびiDeCoをどのように利用すべきかお悩みの方向けのシミュレーション機能です。
   投資目的、職業もしくは加入している年金制度、年収、毎月の積立予定額などを入力・選択すると、
   つみたてNISAとiDeCoのどちらに優先して資金を配分すべきか判定し、簡単なアドバイスとともに
   具体的な配分案を提案いたします。
   また配分案に基づいた運用シミュレーションの結果も合わせて提示しますので、どれぐらいの資産を
   つくれるのか、また、節税効果はどれぐらいかを一目で確認いただけます。

(2)つみたてNISAおよびiDeCoを単体で利用した場合のシミュレーション
   どちらの積立制度を利用するか、すでに決められている方向けのシミュレーション機能です。
   利用される制度を選び、毎月の積立予定額等を入力・選択すると、それに基づいた運用シミュレーションが
行われ、到達金額や節税効果等を試算します。

■シミュレーションの画面イメージ
 年収500万円、30歳から老後の資金作りのために月3万円ずつ30年間積立て、年利3%で運用した場合

[画像: (リンク ») ]

 詳細はマネックス証券ウェブサイト( (リンク ») )をご覧ください。

 今後もマネックス証券は、2018年11月にマネックスグループが発表したブランドステートメント「For Creative Minds」に掲げる、従来の枠組みを超えた新しい発想や視点に基づき、創造性を携えて、新しい「お金の未来」を常に提案してまいります。

                                             以上

【手数料等およびリスクについて】
マネックス証券の取扱商品等のお取引をいただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じることがあります。各商品等のお取引にかかる手数料等およびリスクは商品毎に異なります。詳細につきましては、マネックス証券ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「目論見書」「目論見書補完書面」「リスク・手数料などの重要事項」等を必ずお読みください。

【マネックス証券株式会社について】
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
確定拠出年金運営管理機関 登録番号784
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

マネックス証券株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]