コウメ太夫が警備員に“転生(変装)”し、通行人に“ドッキリ”を敢行!“本人バレ”スレスレのアクションを起こした結果や如何に!?

株式会社スクウェア・エニックス 2019年08月21日

From PR TIMES

~「マンガUP!」特別企画『#チクショー転生だ-2019年夏-』プチイベント~

株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:松田 洋祐、 以下スクウェア・エニックス)は、and factory株式会社(本社:東京都目黒区、 代表取締役:小原崇幹 以下and factory)と共同で開発・運用しているマンガアプリ「マンガUP!」において特別企画『#チクショー転生だ-2019年夏-』のプチイベントを2019年8月19日(月)に実施しました。プチイベントでは、「マンガUP!」の大型広告を掲出した新宿メトロプロムナードにて、広告キャラクターを務めるコウメ太夫さんが警備員に変装して登場し、通行人に対して“ドッキリ”を行いました。



“混乱を避けるべく、通行人にはなるべくバレないように”という条件のもと、警備員に変装していたコウメ太夫さんでしたが、広告キャラクターであること、そしてプロの芸人であることの根性が働き、「チクショー」と大声を出し、またチャンチャカチャンチャンと歌いながら踊るなどのアクションを実行。“混乱を避ける”という条件を守りつつも、“本人バレ”スレスレを狙った様々な言動が、通行人の注目を集め、SNS上でも話題になりました


[画像1: (リンク ») ]

■『#チクショー転生だ-2019年夏-』プチイベント概要

8月19日(月)の朝からプチイベントはスタート。イベント前、新宿メトロプロムナードに舞妓姿のコウメ太夫さんと超絶イケメン賢者に転生したコウメ太夫さんが写った大型広告が出現。その転生メイクの過程が黒い布で隠されていました。

[画像2: (リンク ») ]

プチイベントがスタートすると、警備員に変装したコウメ太夫さんが配置に。続いて黒い布がアンベールされると、無料で持ち帰れる大量のスマホが!

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

通行人がすぐさま集まり、コウメ太夫さんの印象的な表情が際立つ広告に見入ったり、貼り付けられたスマホを喜びながら持って行ったりと、大勢の人が押しかけました。

中には、「本当にもらえるの?」とコウメ太夫さん含めた警備員に質問し、大盤振る舞いの本企画に驚きを示していた人も。

[画像5: (リンク ») ]

そんな状況を見つめるコウメ太夫さん。他の警備員の人が誘導している状況でも、初めての警備員作業に呆然と立ち尽くしていました。

[画像6: (リンク ») ]

そんな警備員に変装したコウメ太夫さんに気づく人はおらず、数分が経過。途中、外国人に「スマホを本当に持ち帰っていいのか」との質問を英語で受け、「Please, One, OK」と、ぎこちない英語で返したり、高齢の女性に道を聞かれたりと本物の警備員のような仕事をこなすコウメ太夫さん。

どこか悲しい面持ちになっていきました。
[画像7: (リンク ») ]

そんなコウメ太夫さんの頑張り(?)に反し、着々と持ち帰られるスマホ。その光景を目の当たりにしたコウメ太夫さんの瞳には、広告キャラクターとして、プロの芸人として、「なにかやらねば!」という炎が宿っていました。

その後、スタッフと連携のもと、“本人バレ”スレスレのアクションを敢行することに。手始めに変装道具として使用していたメガネを外し、また時折警備帽を外すなど、コウメ太夫さんの表情を通行人にさらしました。
[画像8: (リンク ») ]

さらにはネタの際の「チックショー」の表情を織り交ぜながら警備をすることも。それでも気づかれないコウメ太夫さん。

[画像9: (リンク ») ]

さらにスレスレのアクションとして、いつもの甲高い声で誘導したり、チャンチャカチャンチャンと歌いながら踊ったりすると、さすがの通行人も足を止め、「あれ?本人じゃね?」「うそ?うそうそ?」と気づく人がちらほら現れ、混乱を避けるべく一時退却するシーンもありました。

[画像10: (リンク ») ]

人の集まりがまばらになったタイミングに再登場すると、アクションを仕掛けていないにも関わらず、コウメ太夫さんのファンの女性から「本物ですか?握手してください!」と言い寄られるシーンも。

[画像11: (リンク ») ]

“本人バレ”しない企画であったため対処の仕方に困惑していたコウメ太夫さんでしたが、持ち前のファンサービス精神でこっそり握手。その後、改めて甲高い声を出したり、得意のムーンウォークを披露したり、ネタで使用している扇子であおいだりすると、また人だかりが。

[画像12: (リンク ») ]

[画像13: (リンク ») ]

その中には、写真撮影を希望する通行人もおり、後半はもうファンサービスに徹すると決意したのか、快く了承するコウメ太夫さん。ラストには、ファンサービス全開で、全力の「チックショー」を叫び、プチイベントは終了しました。

[画像14: (リンク ») ]


■コウメ太夫さんインタビュー

・イベント前

Q:本企画を知らされていかがでしたか?
A:珍しいイベントですよね。(企画資料を見た時は)理解に苦しんで、『一体何をやるんだろうか』と思いました(笑)。


Q:意気込みを聞かせてください。
A:こんな(警備員の)服着たことないですからね。バレないような気がしますが。

・イベント後

Q:ドッキリを終えていかがでしたか?
A:今日は(たくさん話かけられて)かなりレアでしたよ。ムーンウォークとか街中でしないですからね。チャンチャカチャンとか言って扇子振り回したら、気づきますよね。あんな場所で「チックショー」って叫んで、捕まらないかなと思ってヒヤヒヤしました。

[動画: (リンク ») ]



■「マンガUP!」について

[画像15: (リンク ») ]


・ジャンル :マンガアプリ
・対応OS :iOS/Android
・公式サイト : (リンク »)
・公式Twitter : (リンク »)
・iOS でのダウンロードURL : (リンク »)
・AndroidでのダウンロードURL  : (リンク »)
・価格 :基本無料(一部アプリ内課金有り)
・配信日 :2017年1月7日

■株式会社スクウェア・エニックスについて

株式会社スクウェア・エニックスは、エンタテインメント分野において、創造的かつ革新的なコンテンツ/サービスのヒット作品を生み続けるリーディングカンパニーです。当社グループの自社IPの代表作には「ドラゴンクエスト」シリーズ(累計出荷・ダウンロード販売本数7,800万本以上)、「ファイナルファンタジー」シリーズ(同1億4,400万本以上)、「トゥームレイダー」シリーズ(同7,400万本以上)、「スペースインベーダー」シリーズなどがあります。( (リンク ») )


FINAL FANTASY、トゥームレイダー/TOMB RAIDER、スペースインベーダー/SPACE INVADERS、その他の社名、商品名は、日本およびその他の国におけるスクウェア・エニックス・グループの商標または登録商標です。

※その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]