産業用コンピュータで世界トップシェアのアドバンテックとIIJ、産業IoT(IIoT)分野でビジネス協業を開始

アドバンテック株式会社 2019年08月21日

From PR TIMES

-- 産業機械のリモート監視や稼働状況の可視化など業務効率化を実現するためのIoTプラットフォームを日本国内で提供開始 --

 産業用コンピュータの分野において世界トップシェアのアドバンテック株式会社(Advantech Co., Ltd. 本社:台湾台北市/日本法人:東京都台東区、社長兼日本地区最高責任者:マイク小池、以下 アドバンテック)と株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、以下IIJ)は、アドバンテックがグローバルに提供している産業分野向けIoTプラットフォーム「WISE-PaaS(ワイズパース)」の日本でのビジネス展開において協業することをお知らせいたします。



 本協業のもと、両社はWISE-PaaSの日本リージョンを共同で立ち上げ、IIJのセキュアなネットワークおよびクラウドサービスを組み込んだ日本市場向けの新たなサービス「WISE-PaaS JP(仮称)」を開発し、アドバンテックが2020年1月より提供開始いたします。

 産業用コンピュータにおいて世界トップシェアを誇るアドバンテックは、産業IoT(IIoT:インダストリアルIoT)に特化したプラットフォームWISE-PaaSを2016年よりグローバルに展開を進めております。WISE-PaaSは、工作機械等の生産設備や製造ラインに設置された同社の産業用コンピュータやデバイスから様々なデータをリアルタイムに収集し、設備やラインの状況を可視化することで、設備およびラインの稼働率把握や設備のリモート監視、予兆保全などを可能にするためのプラットフォームです。製造業を中心に、物流、運輸、交通、エネルギーなど、様々な業種のお客様に、業務効率を向上させるIoT構築に必要なシステム基盤を一元的に提供いたします。

 一方、IIJはフルMVNOならではの特性を活かした閉域モバイルネットワークやお客様専有型クラウド環境への閉域接続など、IoT用途向けに高セキュリティなネットワークとクラウドサービスを提供しており、豊富な運用実績があります。アドバンテックとIIJは、それぞれが強みをもつ技術とサービスを相互補完することで、アプリケーションから、ハードウェア、クラウド、ネットワーク、セキュリティまでをWISE-PaaS JPのサービスとしてワンストップで提供し、日本市場でのIIoTビジネス拡大を目指します。

■WISE-PaaS JPの主な特徴
IIoTで必要になるシステムをフルカバー
 データを集めるデバイス、エッジサーバからネットワーク、クラウド(PaaS/IaaS)まで、基盤となるシステムを包括的に提供し、あわせて生産管理や設備監視、エネルギー管理システムなど特定業務に必要なアプリケーションをパッケージとしてラインナップしています。そのためお客様は必要となるコンポーネントをお選びいただくだけで容易にIIoTシステムを導入することが可能です。

高セキュリティなシステムを構築可能
 データ収集のためのネットワークは閉域接続のモバイルサービスを利用するため、クローズドな通信環境でデータ転送や遠隔コントロールが可能で、工場や設備を外部の脅威から隔離したセキュアなシステムを構築できます。

<サービス概念図>

[画像: (リンク ») ]

 さらにアドバンテックとIIJは、物流、運輸、交通、エネルギーなど様々な業界に特化したSI企業をパートナーとして連携し、WISE-PaaS JPが提供する仕組みを活かした“ドメイン(領域)特化型ソリューション”の開発と展開を推進してまいります。パートナーによるWISE-PaaS JPの導入、展開においては、アドバンテックと業務資本関係にありWISE-PaaSのプライムソリューションインテグレーターである日本ラッド株式会社の協力のもとにすすめてまいります。

 今後は両社が持つ高度な技術や豊富な知見・ノウハウを活かし、WISE-PaaS JPを展開することで、国内におけるIIoTの実用化を推進し、お客様のビジネスモデル変革を支援してまいります。

 日本ラッド株式会社 代表取締役社長  須澤 通雅氏は、今回の協業について下記のように述べています。
「日本ラッド株式会社は、アドバンテック株式会社と株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)による『WISE-PaaS 』日本リージョン展開の始動を心より歓迎いたします。 『WISE-PaaS JP』を活用することにより、当社がアドバンテック社との業務資本提携により強化してきた工場IoT(iFactory)向けソリューションを、より柔軟かつ迅速にユーザ様に提供可能になると考えており、国内製造業でのIoT導入が更に加速・拡大されるものと確信しております。また当社は、これまでWISE-PaaSのプライムソリューションインテグレーターとして活動してきたノウハウを、国内での『WISE-PaaS JP』展開シーンにおけるサポートとして惜しみなく提供して参る所存です。」

 株式会社ネットワークコーポレーション 代表取締役社長 馬越 伸太郎氏は下記のようにコメントしています。「株式会社ネットワークコーポレーションは、アドバンテック株式会社と株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)による『WISE-PaaS JP』の提供を心より歓迎いたします。国内産業向けの「WISE-PaaS JP」を活用することで、これまで煩雑であったクラウドのアプリケーションを容易に作成でき、弊社が取組むエネルギー・ソリューションを幅広くお客様提供することが可能となります。 AI機能との連携も可能で、次世代DX時代に相応しいインテリジェントなソリューションをお届けします。 すべてが繋がるIoT時代、両社の協業により新しい産業界の絆が生まれるでしょう。株式会社ネットワークコーポレーションは、『WISE-PaaS JP』とエネルギー・ソリューションでお客様の課題解決に役立つ新たなソリューションが拡がるものと確信しております。」

■アドバンテックについて
台湾 Advantech Co., Ltd. (TAIDEX:2395)は、1983年の創業以来eプラットフォームのリーディング・プロバイダとして、産業用コンピューティングやオートメーション市場における高品質でハイパフォーマンスな製品の開発・製造および販売に携わっており、現在では世界26カ国96都市に拠点を構えるグローバル企業です。得意とする組込み用ボードコンピュータや産業用PC、リモートI/Oモジュールや産業用マザーボードの販売に加え、お客様のニーズにきめ細かくお応えする産業用コンピュータのBTOサービスや、お客様の要求仕様に合わせて製品の設計から生産までを請け負うDMSビジネスも行なっています。また、近年コーポレートビジョンである「インテリジェント・プラネットの実現」を具現化するスマートシティ&IoTソリューション・ビジネスの開拓に注力する当社は、積極的な製品およびソリューション開発に務めるとともに、さまざまなエコパートナー企業とのパートナーシップの強化を図っています。このようなエコパートナー企業との緊密な協力関係、および自らの研究開発投資によって、インテリジェント・システムを様々な産業に普及させ、地球上のあらゆる労働環境と生活環境をより豊かでスマートなものにしていくこと、- インテリジェント・プラネットの実現 - が、我々Advantechの使命です。
(アドバンテック株式会社 ウェブサイト (リンク ») )

■IIJについて
株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、東証第一部 3774)は、1992 年、日本企業として初めての商用インターネットサービスプロバイダとして設立されました。現在では、IIJグループとして約12,000社の法人顧客に対して、インターネット接続、アウトソーシングサービス、WANサービス、クラウド等の各種ネットワークサービスから、システム構築、運用管理などのシステムインテグレーションまで、総合的なネットワーク・ソリューションを提供しています。IIJに関する詳細は (リンク ») をご覧ください。

※ 本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アドバンテック株式会社の関連情報

アドバンテック株式会社

アドバンテック株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]