「CEDEC 2019」公募セッションにて映像光学のスペシャリスト”川瀬正樹”が登壇  スポンサーセッションでは開発中のMizuchi新ツールについて発表

シリコンスタジオ株式会社 2019年08月23日

From PR TIMES

展示ブースではオリジナルTシャツを合計150名様にプレゼント!

エンターテインメント業界を中心に、自動車、映像、建築など、さまざまな業界向けにデジタルコンテンツ関連ビジネスを展開するシリコンスタジオ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:梶谷 眞一郎、東証マザーズ:証券コード3907、以下「当社」)は、2019年9月4日(水)から6日(金)までの3日間、パシフィコ横浜会議センターで開催される「CEDEC 2019」に協賛し、公募セッションにて川瀬正樹登壇の「物理ベース?アート指向?~尤もらしさと自由度を両立するレンズフレア表現~」、スポンサーセッションにて「シリコンスタジオで開発中の Mizuchi for DCC Tool について」と題した講演を実施することをお知らせします。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]



CEDECは、ゲームを中心とするコンピューターエンターテインメントコンテンツの開発に携わる方を対象としたカンファレンスイベントです。1999年に東京ゲームショウとの併催で開発者向けの勉強会としてスタートし、2019年で21回目を迎えます。当社は、スポンサーセッションおよび展示ブースにてミドルウェア製品をご紹介します。また、公募セッションでは映像光学のスペシャリスト、川瀬正樹の登壇が決定いたしました。

展示ブースでは、高度な光学的表現を可能にするポストエフェクトミドルウェア『YEBIS 3(エビス 3)』に加え、世界最高峰のリアルタイムビジュアルを実現するレンダリングエンジン『Mizuchi』の新Toolを展示すべく準備を進めております。


【セッションについて】
◆公募セッション 9月4日(水)14:50~15:50
「物理ベース?アート指向?~尤もらしさと自由度を両立するレンズフレア表現~」と題し、研究開発室長で映像光学のスペシャリストである川瀬が実用的なレンズフレア表現についてお話しいたします。
(リンク »)

◆スポンサーセッション 9月6日(金)14:50~15:50
「シリコンスタジオで開発中の Mizuchi for DCC Tool について」と題し、新たに開発しているツール群についてご紹介いたします。
(リンク »)


なお、会期中は当社展示ブースにて、各日程とも先着50名様限定(3日間合計150枚)で、『Enlighten』のロゴ入りオリジナルTシャツをプレゼント※いたします。当社SNSアカウント(Twitter、またはFacebook)のフォローをお願いしております。フォロー状況がわかるスマートフォンの画面などをスタッフに提示してください。皆様のご来場お待ちしております。
※お一人様一点限りにて、サイズは選べません。各日程ともに先着順となり限定数に達し次第終了です。
【Twitter】 (リンク »)
【Facebook】 (リンク »)
[画像4: (リンク ») ]



■ 開催概要
名 称:コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2019(CEDEC 2019)
会 期:2019年9月4日(水)~9月6日(金)
会 場:パシフィコ横浜 会議センター(横浜西区みなとみらい)
主 催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
公式サイト: (リンク »)


■『YEBIS 3』について
『YEBIS(エビス)』は、3D/2Dのグラフィックスに対し、グレア、被写界深度、モーションブラー、レンズエフェクト(光学シミュレーション)、フィルム/感光効果、カラーコレクション、アンチエイリアスなどを掛けることができるポストエフェクトミドルウェアです。最新版となる『YEBIS 3』では、絞り開閉とレンズの収差、補正シミュレーションにより、これまでにない写真のようなボケ味の再現が可能です。羽根の枚数と円形絞りの組み合わせはもちろん、レンズ構成によってフォーカス前後で異なるカラーフリンジなど、さまざまな特徴をもつリアルなボケ味を表現できます。
(リンク »)
『YEBIS 3』の対応プラットフォーム
Nintendo Switch™、PlayStation(R)4、PlayStation(R)VR、PlayStation(R)Vita、Xbox One、Linux、Mac OS X、STADIA、Windows(DirectX 9/10/11、OpenGL)、Android、iOS、その他組み込み環境


■『Mizuchi』について
『Mizuchi(ミズチ)』は、物理ベースレンダリングの考え方をサポートするレンダリングエンジンです。特に、光の反射を正確に扱うことで可能となる圧倒的な質感表現に強みがあります。リアルタイムグラフィックスでありながら、金属、木材、ガラスなど多様な材質を実物さながらの質感で表現することができます。柔軟な設計になっており、ゲーム業界をはじめ、映像、製造、自動車、不動産分野などのコンテンツ制作にも利用可能。高度な光学的表現を可能にするポストエフェクトミドルウェア『YEBIS 3(エビス 3)』も組み込まれています。
(リンク »)


■ シリコンスタジオ株式会社について
当社は世界最高レベルの技術力をもって創る人と愉しむ人に感動を与えることを目指す企業です。ゲームや映像制作スタジオ向けに3DCG技術等を提供する開発推進・支援事業、クリエイター職の派遣・紹介に特化した人材事業を展開しております。企画、技術、人材、運営など、ゲーム企業が抱えるすべての課題をワンストップで解決できることが強みです。
ポストエフェクトミドルウェア『YEBIS』、リアルタイムレンダリングエンジン『Mizuchi』、リアルタイムグローバルイルミネーション『Enlighten』といった、高度な技術をゲーム制作現場に提供するシリコンスタジオのミドルウェアは、これまでワールドワイドで数多くのAAAタイトルに採用されてきました。
(リンク »)


* YEBIS、MizuchiおよびEnlightenは、シリコンスタジオ株式会社の登録商標です。
* その他、記載されている名称は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]