綾辻行人の新本格ミステリ『十角館の殺人』を“コミックリメイク”! 8/24発売の『アフタヌーン』10月号から連載開始!

株式会社講談社 2019年08月24日

From PR TIMES



原著は累計100万部突破! 綾辻行人の新本格ミステリ『十角館の殺人』を美麗画力の清原紘が“コミックリメイク”新連載!!
ミステリの傑作『十角館の殺人』の漫画版の連載が、8月24日(土)発売の「アフタヌーン」2019年10月号より始まります。
[画像1: (リンク ») ]

『十角館の殺人』は、2018年に第22回日本ミステリー文学大賞を受賞した綾辻行人のデビュー作で、累計部数は100万部を突破しています。日本に「新本格ミステリ」のムーブメントをもたらし、「映像化不可能」と言われた本作を漫画版としてリメイクします。
「舞台が2018年になる」「登場人物の設定が変わる」といった、漫画ならではの要素を盛り込み、新しい『十角館の殺人』をお届けします。
漫画を担当するのは、『Another』で綾辻行人とタッグを組んだことがあり、艶やかで美麗な描写でイラストレーターとしても数多くの装画を手掛ける清原紘。
[画像2: (リンク ») ]

予告掲載の時点で、既にSNS上で話題沸騰の本作、是非ご一読ください。

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

▼『十角館の殺人(じゅっかくかんのさつじん)』あらすじ
孤島に建つ十角形の奇妙な館を、大学のミステリ研究会に所属する7人が訪ねる。この館を設計した中村青司(なかむらせいじ)は、半年前に謎の焼死を遂げていた。そして、凄惨な殺人劇が、幕を開ける――。

【著者紹介】
綾辻行人(あやつじゆきと)
1960年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業、同大学院修了。1987年に『十角館の殺人』で作家デビュー、“新本格ムーヴメント”の先駆けとなる。1992年、『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。『水車館の殺人』『びっくり館の殺人』など、“館シリーズ”と呼ばれる一連の長編は現代本格ミステリを牽引する人気シリーズとなった。ほかに『緋色の囁き』『殺人鬼』『霧越邸殺人事件』『眼球奇譚』『最後の記憶』『深泥丘奇談』『Another』などがある。2004年には2600枚を超える大作『暗黒館の殺人』を発表。2012年には“館シリーズ”最新作『奇面館の殺人』が講談社ノベルズより刊行された。2018年、第22回日本ミステリー文学大賞を受賞。

清原紘(きよはらひろ)
漫画家、イラストレーター。漫画作品に『きみにしか聞こえない』『コインランドリーの女』『Another』『探偵の探偵』などがある。イラストレーターとして多数の書籍の装画を担当し、『蒼き革命のヴァルキュリア』などのゲームのキャラクターデザインも手掛ける。

最新情報は『アフタヌーン』公式HPをご確認ください  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]