編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

働き方改革も影響し、社労士へのイメージが変化

株式会社フォーサイト

From: PR TIMES

2019-08-26 16:40

社会保険労務士を目指す受講生に対して実施したアンケート結果を発表

資格試験において高い合格率を実現する通信講座を提供する株式会社フォーサイト(東京都文京区/代表取締役社長:山田 浩司)は、2019年8月25日(日)に社会保険労務士試験が行なわれたことに合わせて、社会保険労務士を目指す受講生に対して実施したアンケート調査の結果を発表します。




【本件のポイント】
1. 社労士へのイメージが「手続きの代行業」から「人事労務コンサルタント」へと変化している印象。
2. 社労士を目指す方の約4割が「働き方改革」の影響を意識している。
3. 高い志をもった受験生たちが、8月25日の試験に臨んだことが伺える。


■社労士になって具体的にどんな仕事をしたいですか?

【コンサルティングや総合的なアドバイザーとしての社労士を目指す方の声】
・企業に対して人事・労務管理のアドバイスを行うコンサルティング業務をしたい。労働環境の向上に役に立ちたい。
・高齢ではありますが、現在取得の資格をも活かしながら、専門性高いコンサルティング業務を行いたいです。
・ベンチャー起業家、クリエイター、フリーランスで働く人たちを陰でサポートできる社労士になりたい。
・企業での実務も経験したいと思っていますが、最終的には個人向けに働く上での困りごとの解決や、年金も含めた資産運用のお手伝いがしたいと思っています。
・保有している衛生管理者やFPの資格と合わせて、企業にも労働者にもメリットのある業務改善提案等を行いたい。
・企業の良き相談役を担い、遵法の意識付けを行いたい。

【バイリンガル社労士として活躍を目指す方の声】
・英語が出来るので、今後外国人労働者の増加に伴い、英語を使う案件も増えると思うので、能力を活かしたい。
・育児と両立しながら、労働者の気持ちに寄り添った相談や、語学力を活かして外国人の雇用管理アドバイスを行いたいです。

【企業内社労士としてスペシャリストを目指す方の声】
・企業内の社労士として、総務人事に異動して長い目で会社の運営に関わってみたい。
・会社で労働法について名実ともに一番知識がある人材になりたい。


[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



約4割の方が「働き方改革は影響がある」と回答。働き方改革によって、労務のスペシャリストである社会保険労務士の活躍の場が増えるという意識を持つ方も多い。


■具体的に「働き方改革」はどのような影響がありましたか?

【社労士の実務に影響】
・社労士へ意見を頂く機会が多くなった。
・社労士事務所で働いていますが、クライアントから聞かれることが就業開始の2年前より多くなったように感じます。

【労務への理解が求められてきている】
・会社員としての労務管理の知識が以前よりも多く求められている反面、それに対応できる人材がいない。会社の体制も整備されておらず、社労士の活躍が要求されると感じる。
・人事の責任者としてしっかりと理解しなければと思いました。
・働き方改革で求められている多様性やワークライフバランスについて、現に職場で効果的に実現するためには、まず法の趣旨についての真に深い理解が必要と感じた。

【受験へのモチベーションが向上】
・労務管理のプロになれば、働き方改革について様々なアドバイスができると考えました。勉強を進める上でモチベーションアップにはつながっていると思います。
・企業が働き方について見直す機会が来て、社労士の役割も更に大きくなっていると感じるのでやり甲斐のある仕事だと思い自分のモチベーションが上がります。
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]



社会保険労務士資格を取得することは実際の就職・転職に繋がると考える方が多かった。
「勤め先での業務に活かすため」との回答も4割を超え、企業内社労士に対する需要の高まりが見て取れる。
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

7割以上の方が収入を上げることに「期待している」と回答。難関資格である社会保険労務士は、収入面でのメリットにも期待が高いことが分かる。


■調査概要
・調査方法 :インターネットリサーチ
・調査地域 :全国
・調査機関 :株式会社フォーサイト(自社調査)
・調査対象 :フォーサイト 2019年度「社会保険労務士通信講座」受講生
・回答者数 :195件
・調査日時 :2019年6月10日(月)~2019年8月15日(木)


■株式会社フォーサイト 会社概要
本社所在地:東京都文京区本郷6-17-9 本郷綱ビル1階
事業内容:教育・学習支援業(資格・大学受験の通信講座、書籍出版、販売)
取扱資格:行政書士、社労士、宅建、FP、簿記など
資本金:7,267万円(資本準備金2,767万円)
設立:1993年4月 代表者名:山田浩司
従業員数:121名(パート・アルバイトを含む)2018年11月末現在

『本件に関するお問い合わせ』
株式会社フォーサイト 広報課 担当:千葉
E-mail:y.chiba@foresight-inc.co.jp
URL : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]