編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

従業員間の業務コミュニケーション × ICT、タイムロスの無い情報共有にIP無線アプリが活躍

株式会社シアンス・アール

From: PR TIMES

2019-08-28 10:22

株式会社シアンス・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:平岡 秀一)は、独自開発した音声コミュニケーションアプリ「Aldio Enterprise(アルディオエンタープライズ 以下Aldio)」を,、東京・世田谷を中心に喫茶・小売店を展開、ネットショップでの通信販売、カフェ・レストランへの卸売も行う株式会社堀口珈琲が採用したことを2019年8月28日付で発表いたします。
同社では複数のIP無線アプリを検証した結果、ユーザーインターフェースが非常にシンプルでわかりやすく、 使いやすいと感じたAldioを導入、焙煎工場の区画ごとのグループ音声通話による情報共有を開始しました。
これにより、1分1秒を争うような場面でも、タイムロスの無い従業員間の業務指示と情報伝達による連携が実現しました。




事例WEBページ: (リンク »)
[画像1: (リンク ») ]


<導入前の課題>
同社の焙煎工場は、清潔度に応じて作業スペースが「生豆保管室」「焙煎・選別室」「充填・包装室」に区画されています。 保管室側の作業者と加工側の作業者は綿密に連携する必要があり、区画が壁で仕切られている中、直接コミュニケーションが取れないという問題が以前ありました。
そのため、壁で仕切られた作業スペースごとに何かしら通信の仕組みが必要であり、 電話のように通信料がかからず、工場の無線LANを活用でき拡張性のあるIPトランシーバーのようなものが必要でした。

<導入後の効果>
そこで同社は2019年4月にIP無線アプリのAldioを導入、焙煎工場の区画ごとのグループ音声通話による情報共有を開始しました。
衛生度を管理している部屋は人の出入りが制限されているため、Aldioを使った遠隔コミュニケーションがとても役立っており、業務が効率化されました。

また、トランシーバーと違いスマートフォンはiOSやAndroidなど選択肢が幅広くあり導入しやすいのがポイントです。現場に応じて、ワイヤレスのヘッドセットを配備したり、イヤホンジャックでスピーカーとマイクをつないで卓上で使用したりなど、独自でカスタマイズして活用することが可能であり、状況に応じて周辺機器を組み合わせることができる汎用性の高さがメリットです。

<堀口珈琲の活用例1>

[画像2: (リンク ») ]

独自で選定したノイズキャンセリング機能付きのイヤホンマイクを使用。通話は、スマートフォンを腕に固定し、アプリ画面の通話ボタンを押しながらイヤホンマイクで話すことにより実現しました。

[画像3: (リンク ») ]


<堀口珈琲の活用例2>
作業者全員で利用できるよう、スマートフォンをスマホスタンドなどでデスクに固定し、有線で卓上スピーカーとマイクを連携しています。 スピーカーを通して通話内容が広範囲に聞こえ、固定されているスマートフォンアプリ画面の通話ボタンを押しながら卓上マイクに向かって話す、といった使い方もしています。


単純なトランシーバーでは周辺機器を組み合わせて現場用にカスタマイズするような利用は難しいですが、作業者に応じて環境も違い行う作業も違うため、それに対応した使い方を検討し、焙煎工場で働き方を構築していく中で、スマートフォンアプリであるが故にスマートフォンの拡張性を利用できるAldioの汎用性の高さ、使いやすさが再確認されました。


その他工場で利用が想定される機能「トランシーバー翻訳」

「トランシーバー翻訳」
工場現場では外国人労働者の雇用も増えており、円滑なコミュニケーションが求められています。Aldioのトランシーバー翻訳機能は14言語に対応しており、一人対複数人の同時翻訳が距離に関係なく可能です。
話した内容はテキストとして残るので、いつでも会話内容を確認でき、業務ミスの削減へつながります。

「ライブキャスト」
何らかのトラブルが発生した場合など、電話やメールでの情報共有は時間がかかってしまいます。
Aldioのライブキャスト機能なら、工場現場の状況を映像でリアルタイムに配信、動画で現状を共有することで、関係者は会話しながら問題のある箇所を把握することができ、その状況に応じて的確な指示を出せるようになります。
[画像4: (リンク ») ]



Aldioについて

Aldioは、“現場が変わる“というコンセプトのもと、音声でのリアルタイムな情報共有ができる、スマホIP無線サービスです。
航空、鉄道をはじめとし、建設、流通店舗などの業務コミュニケーション基盤として、屋内外問わず24時間365日稼働しており、同時に数千名への一斉連絡を行う大規模ユーザーや、秒単位の細かい指示が必要などの現場で活用されています。
■スマホにアプリをインストールするだけで利用開始
■Android/iPhone/タブレットで利用可能。
■スピーカーマイクなどの周辺機器と連携、ハンズフリーでスマートフォンに触れることなく通話可
■現在、従来の音声のコミュニケーションを変える機能を開発中。
 ・ コミュニケーションにAIを活用、AIアシスタントの自動応答で現場をサポート
 ・ 位置情報等のIoTデータと連携
 ・通話データ、テキストデータをサーバ―に保存し、ビッグデータ解析

今後は世界のデジタライゼーション化に沿って、人と人が美しくつながるプラットフォームを目指します。


30日間無料トライアル実施中

下記リンクからお申し込み後、「Aldio Enterprise」を30日間無料でお使いいただけます。
(リンク »)

<トライアル中にお使いできる機能>
・グループ通話
・個別通話
・双方向通話
・マルチグループ受信
・位置情報の確認
・通話履歴の再生
・チャット機能
・データ保存期間24時間
・強制起動


製品紹介

アプリ名:Aldio Enterprise(アルディオエンタープライズ)
対応OS:Android、iOS、WindowsPC
提供会社:株式会社シアンス・アール
導入事例に関してはこちら: (リンク »)


お問い合わせ先

【社名】株式会社シアンス・アール
【所在地】東京都新宿区神楽坂4-1-1 オザワビル7階
【設立】2003年9月19日
【担当者】伊藤恵
【TEL】03-5846-9670
【E-mail】pr@science-arts.com
シアンス・アール  (リンク »)
Aldio (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]