dBTechnologies RDNetコントロールインターフェース『RDNET CONTROL 8』を新発売。

ティアック株式会社 2019年08月28日

From PR TIMES

USBまたはEtherNet接続によりdBTechnologiesのRDNet互換デバイス(VIO、VIO X、DVA T、OPERA UNICAなど)をパソコンに接続するためのハードウェアインターフェース『RDNET CONTROL 8』の発売を開始。



ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、イタリアのPA/SRスピーカーブランドdBTechnologiesのスピーカーシステムコントロール用インターフェース『RDNET CONTROL 8』の販売を開始しました。
[画像1: (リンク ») ]


[表: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]


『RDNET CONTROL 8』は、USBまたはEtherNet接続によりdBTechnologiesのRDNet互換デバイス(VIO、VIO X、DVA T、OPERA UNICAなど)をパソコンに接続するためのハードウェアインターフェースです。

尚、9月2日に開催されますスピーカーイベント『dBTechnologies Day』において、試聴システムに使用予定です。
(リンク »)
[画像3: (リンク ») ]


【主な特長】


etherCON、XLRコントロール端子でスピーカーへの接続が可能
8系統のリンクポート装備
1系統あたり32台のスピーカーを接続可能
RDNet対応スピーカーシステムマネージメントソフトウェア「dBTechnologies Aurora Net」または「dBTechnologies Network」よりスピーカーシステムのリアルタイム制御・モニタリングを実現


【仕様】
詳細仕様は製品サイトをご確認ください。

【製品サイト】
RDNET CONTROL 8
(リンク »)

製品アプリケーションはこちらをご覧ください。
dBTechnologies AURORA NET
(リンク »)

dBTechnologies Network
(リンク »)


[画像4: (リンク ») ]

dBTechnologiesは、イタリアを拠点に世界各国で多くの導入実績を持つPA/SRスピーカーブランドです。小規模イベント向けのコンパクトなスピーカーユニットから、スタジアムクラスの大規模会場向けラインアレイスピーカーシステムまで、幅広いラインナップを誇ります。長い歴史によって支えられる高い技術力と品質によって、PA/SRのプロフェッショナルから高い評価を得ています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]