編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

スマート家電リモコン「RS-WFIREX4」Siriショートカットがさらに便利に

ラトックシステム株式会社

From: PR TIMES

2019-08-29 15:04

~マクロ対応、HomePod動作確認済み

ラトックシステム株式会社(本社:大阪市浪速区、代表取締役:岡村周善、以下ラトックシステム)は、本日付で当社製スマート家電リモコン用「スマート家電コントローラ」アプリを更新、マクロを含むSiriショートカット登録がアプリからできるようになりました。



[画像1: (リンク ») ]

スマート家電リモコンは、おうちのWi-Fiに接続し、アプリや声で家電を操作するデバイスです。声での操作は、Amazon AlexaやGoogle アシスタント他、Siriショートカットに対応しています。

この度のアップデートにより、「Hey Siri」ではリモコンボタンに加えて、複数の操作を連続して実行できるマクロの実行が可能となりました。さらにフレーズの登録のしやすさも向上、iOSの「Siriと検索」やショートカットアプリを開かなくても、家電リモコンアプリのリモコン画面やマクロの設定画面からSiriに追加できるようになりました。

また、アップル製スマートスピーカー「HomePod」に話しかけて、同じWi-Fiネットワークに接続したiPhoneからSiriショートカットを呼び出し、家電が動作することを確認しています。

▼リモコンボタンのタップでSiriに追加
[画像2: (リンク ») ]

▼マクロの設定から直接Siriに追加

[画像3: (リンク ») ]

▼確認や再録音などは「Siriと検索」で

[画像4: (リンク ») ]



マクロのウィジェット登録も可能に
本バージョンより、家電リモコンアプリに登録したマクロのウィジェット作成が可能に。アプリを起動しなくても、iOSの通知センターからワンタップでマクロの実行がおこなえるようになりました。
[画像5: (リンク ») ]



【製品情報】
RS-WFIREX4 製品情報
(リンク »)
RS-WFIREX3 製品情報(在庫限り)
(リンク »)

<スマート家電リモコン RS-WFIREX4>
【特長】
●声で家電を操作
Amazon Alexa、Googleアシスタント搭載スマートスピーカーに話しかけて、家電をコントロール。
●スマホに話しかけて家電を操作可能
ー「Hey Siri」でiPhoneから家電を操作
ーGoogleアシスタントアプリから家電を操作
ーNTTドコモ提供my daiz(マイデイズ)に「家電くん」を登録して家電を操作
●外出先から自宅の家電を操作可能
●温度・湿度・明暗センサー搭載。アプリで部屋の状況を確認してから家電を操作
●IFTTT(イフト)対応
●タイマー、マクロ機能搭載
●500機種以上のプリセット提供、手動登録も可能
●超小型、壁掛けOK、遠くまで届く赤外線
【対応OS】iOS 9.3以降、Android 4.4以降
【対応家電製品】赤外線リモコンで操作可能な家電製品

【関連URL】
iPhoneに話しかけて家電操作 使い方と設定
(リンク »)
スマート家電コントローラ「RS-WFIREX3」Siriショートカットによる音声操作が可能に(2018年12月4日付)
(リンク »)
スマート家電コントローラ(SB C&S)
(リンク »)

【お問い合せ先】
●法人様からのお問い合わせ
ラトックシステム 東京支店 コーポレート・ソリューショングループ
Mail: (リンク »)
TEL:03-5847-7600

●報道関係の方からのお問い合わせ
ラトックシステム 広報(担当:大塚)
Mail: (リンク »)
TEL:06-6633-6744

●一般の方からのお問い合わせ
リモコンサポートセンター
Mail: (リンク ») (ご購入前、メールアイコンをタップ)
Mail: (リンク ») (ご購入後)
TEL:0800-170-8551(フリーコール)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]