編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ドリーム・アーツ、マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2019の「Retail アワード」を受賞

株式会社ドリーム・アーツ

From: PR TIMES

2019-08-29 15:48

株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、このたび日本マイクロソフト株式会社(以下 日本マイクロソフト)が主催する「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2019」 において「Retail アワード」を受賞しました。



「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー」は、マイクロソフト製品に対する高い技術力と豊富な実績をもち、システムインテグレーション、コンサルティング、教育、技術サポートなどを通じて、システム構築に関する最適なソリューションを提供している企業を選出するものです。
「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2019」の詳細は (リンク ») をご覧ください。

「Retail アワード」は、マイクロソフトテクノロジーを活用した革新的で独自性のある小売業向けサービスやソリューションの提供で、特に優れた実績をあげ、業界でリーダーシップを示したパートナーに授与されます。

[画像: (リンク ») ]



■受賞理由および日本マイクロソフトとドリーム・アーツとのこれまでの取り組みについて
今回、ドリーム・アーツが提供する流通・小売業界の多店舗ビジネスを支えるクラウドサービス「Shopらん」のサービスおよび35,000店舗を超える導入実績が特に高く評価され、「Retail アワード」受賞に至りました。

デジタル技術を活用して新たな価値を生みだす「デジタルトランスフォーメーション」の重要性が高まっているなか、ドリーム・アーツは日本マイクロソフトと「協創」し、大規模組織における業務改革をサポートしてきました。具体的には、ドリーム・アーツ製品の提供・開発基盤として、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、認証基盤は「Azure Active Directory」に対応しています。また、この春より「Azure Logic Apps」の技術を活用し、ドリーム・アーツのソリューション「Sm@rtDB(スマートDB)」を多様な外部アプリケーションと連携させる仕組みも提供を開始しています。

これからも両社の強みを活かしたサービス開発および共同販売体制を強化し、大規模組織における業務改革の速やかな実現に向け邁進してまいります。

■日本マイクロソフト様からのエンドースメント
日本マイクロソフト 執行役員 常務 パートナー事業本部長 高橋 美波氏は次のように述べています。
「このたびのドリーム・アーツ様の『マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2019』Retail アワードの受賞を心よりお祝い申し上げます。ドリーム・アーツ様はMicrosoft Azureを活用し、小売業に特化したソリューション『Shopらん』を構築・提供することで、業界のリーディングカンパニーにおける『インダストリーイノベーション』に大きく寄与されました。今後も日本マイクロソフトはドリーム・アーツ様と最新技術を活用したサービス開発に取り組み、強力なパートナーシップを通じて、お客様のデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献してまいります」


株式会社ドリーム・アーツについて( (リンク ») )
1996 年 12 月に設立された株式会社ドリーム・アーツは「協創する喜びにあふれる人と組織と社会の発展に貢献する」 をコーポレート・ミッションに、「情報共有」と「対話」を重視した独創的かつ高品質なソリューションとサービスを提供します。「協創力を究めよ」のスローガンのもと、ICT だけでも人間だけでもできないビジネス上の難題の解決を ICT と「協創」でお手伝いしています。

『Shopらん(R)』について( (リンク ») )
「Shopらん(R)」は、流通・小売業の本部・店舗間コミュニケーションに特化したクラウドサービスです。本サービスはすかいらーくやRIZAPグループなど幅広い業種・規模で採用され、導入店舗数約35,000店/利用人数約53万人(海外含む)と数多くのお客さまにご利用いただいています。「Shopらん」は、サービス基盤として日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現しています。詳細はサイトにてご確認ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]