編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

機械学習によるレコメンド・多言語化に標準対応ECサイト構築パッケージ「SI Web Shopping V12.7」をリリース

株式会社システムインテグレータ

From: PR TIMES

2019-09-02 10:00

株式会社システムインテグレータ(本社:さいたま市中央区、代表取締役社長:梅田弘之、東証1部:証券コード3826、以下「当社」)は、ECサイト構築パッケージ「SI Web Shopping」( (リンク ») )の最新バージョン「SI Web Shopping V12.7」を2019年9月1日にリリースしました。



■「SI Web Shopping V12.7」について
「SI Web Shopping V12.7」は、高まるサイト内コンテンツのパーソナライズへの要望および多言語化への要望に対応すべく、アマゾン ウェブ サービス(以下「AWS」)が提供するAmazon Personalize(※1)および、Wovn Technologies株式会社(以下「Wovn社」)が提供するWOVN.io(※2)に標準対応する機能を追加しました。

また、AWSが提供するOpen JDKディストリビューションであるAmazon Corretto(※3)への対応の他、セキュリティ面の改善、カスタマイズ生産性の向上を目的とした改変を行い、より効率的なECサイトの運用を実現できるようなりました。

(※1)Amazon Personalizeについて
Amazon Personalize は、アプリケーションを使用している顧客に対して開発者が個別のレコメンデーションを簡単に作成できるようにする機械学習サービスです。機械学習を活用したカスタマーエンゲージメントのパーソナライゼーションが進む中、Amazon Personalize を利用することで、今まで機械学習の経験がない開発者の方にも、Amazon.com で長年培われてきた機械学習技術を使用し、高度なパーソナライゼーション機能を簡単にアプリケーションに組み込むことが可能になります。

「SI Web Shopping V12.7」はAmazon Personalizeに対応することで、商品レコメンド機能をECサイトに実装することができるようになり、よりパーソナライズされたECサイト上でのコミュニケーションを実現することができるようになります。

(※2)WOVN.ioについて
WOVN.ioは、ウェブサイト・アプリを様々な40ヶ国語言語に多言語化できるサービスです。既存のウェブサイト・ページに後付けすることで導入でき、多言語化に必要なシステム開発や、翻訳にかかる不要なコストと人的リソースを削減することができます。

「SI Web Shopping V12.7」はWOVN.ioに対応することで、素早くECサイトを多言語化することができるようになりました。これにより日本語以外の言語表示はもちろん、翻訳されたコンテンツは検索エンジンにインデックスされるため、海外向けSEOを強化することができます。

(※3)Amazon Correttoについて
Amazon Corretto は、マルチプラットフォームで本番環境に対応した、無料の Open Java Development Kit (OpenJDK) ディストリビューションです。Corretto は、パフォーマンスの向上とセキュリティの修正などの長期サポートを用意しています。Amazon は、社内において何千もの本番サービスで Corretto を実行しており、Corretto は Java SE 標準と互換性があると認定されています。Corretto を使用することで、Linux、Windows、macOS などの一般的なオペレーティングシステムで Java アプリケーションを開発し、実行できます。

「SI Web Shopping」はJavaで開発されているアプリケーションです。「SI Web Shopping V12.7」ではAmazon CorrettoをJDKとして選択することにより、Amazon Correttoに関する長期サポートをAmazonより無料で受ける事ができるようになります。

Amazon Correttoに関する詳細な情報はアマゾン ウェブ サービス ジャパンのWEBサイト( (リンク ») )をご参照ください。

■今後の展望について
企業を取り巻く「デジタル・トランスフォーメーション」の波は収まることなく、むしろ波の大きさは増す一方です。IoTに代表されるように、顧客とのデジタルなタッチポイントはWEBサイト上に留まりません。多様化の進行は、未来の出来事でなく既に起きている現象であり、時流です。BtoC、BtoBを問わず、デジタルマーケティング基盤の再構築は企業にとって最優先で取り組むべき課題であるといえます。

当社ではこうした顧客とのタッチポイントの多様化とともに、高まるセキュリティのニーズに対応すべく、「SI Web Shopping」をECビジネスのコアシステムと位置づけ、堅牢なEC基盤をベースにEC事業者様の売上向上への貢献を進めて参ります。

■ECサイト構築パッケージ「SI Web Shopping」とは
「SI Web Shopping」は1996年に日本で初めて販売されたECサイト構築パッケージです。累計1100本の実績を持ち、さまざまな有名ECサイトに使われています。発売以来20年以上、時代ニーズに合わせて機能改良(バージョンアップ)を続けており、2019年9月に最新版「SI Web Shopping Ver12.7」をリリースしました。専門的なマーケティング製品との柔軟な連携性、堅牢なセキュリティで、拡大を続ける日本国内のECビジネスを支えます。

近年では東京急行電鉄株式会社様に、高い品質と高いカスタマイズ柔軟性をご評価頂き、『Tokyu Storeネットスーパー』『SALUS ONLINE MARKET』『ギフト日和』の基盤として「SI Web Shopping」をご採用頂きました。

製品ホームページ: (リンク »)

【システムインテグレータについて】
会社名:株式会社システムインテグレータ
証券コード:3826 (東証一部)
所在地:埼玉県さいたま市中央区新都心11-2 ランド・アクシス・タワー32階
設立:1995年3月
代表者:代表取締役社長 梅田 弘之
資本金:3億6,771万円
URL: (リンク »)
事業内容:
・パッケージ・ソフトウェアおよびクラウドサービス(SaaS)の企画開発・販売、コンサルティング(ECソフト、ERP、開発支援ツール、プロジェクト管理ツール、プログラミングスキル判定サービスなど)
・AIを使った製品・サービスの企画開発および販売、AI関連のソリューションの提供・支援およびコンサルティング

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社システムインテグレータ
E-Commerce事業部:佐藤
TEL:03-5768-7695
E-mail:webshop@sint.co.jp

※ Amazon.com、アマゾン ウェブ サービス、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社、AWS、Amazon Personalize、Amazon Correttoは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※ 記載されている商品名は、各社の商標または登録商標です。
※ 本広報資料の転送/引用は、ご自由にご利用下さい。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]