編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

世界初の6桁表示デジタルウオッチが国立科学博物館「未来技術遺産」に登録

セイコーホールディングス株式会社

From: PR TIMES

2019-09-03 15:40



セイコーホールディングス株式会社(社長 中村 吉伸)とセイコーエプソン株式会社(社長 碓井 稔)は、世界初の6桁表示デジタルウオッチ「セイコー クオーツLC V.F.A. 06LC」が、独立行政法人国立科学博物館が認定する2019年度「重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)」に登録されましたことをお知らせいたします。
本登録は、2018年度登録の世界初のクオーツ式腕時計「セイコー クオーツアストロン 35SQ」に続けてのものとなります。
[画像: (リンク ») ]



名称    :セイコー クオーツLC V.F.A. 06LC
発売年   :1973年(昭和48年)
特長    :世界初の6桁液晶表示
開発・製造 :株式会社諏訪精工舎(現・セイコーエプソン株式会社)
販売    :株式会社服部時計店(現・セイコーホールディングス株式会社)

「重要科学技術史資料(未来技術遺産)」は、世界有数の科学技術を持つわが国の科学技術の歴史を示す実物資料として2008年に制定され、次世代に継承していく上で重要な意義を持つ特筆すべき発明や開発品を独立行政法人国立科学博物館の産業技術史資料情報センターが登録を行なっているものです。

時刻表示に世界初の6桁液晶ディスプレイを採用したデジタルウオッチ「セイコー クオーツLC V.F.A. 06LC」(以下、「06LC」)。このために独自に開発したFE(Field Effect)方式液晶を搭載し、時・分・秒を常時表示できる画期的なデジタルウオッチとして1973年10月に発売され、広く内外から注目を集めました。
 当時はLED(発光ダイオード)方式やその他の液晶方式などもありましたが、開発・製造を担当した諏訪精工舎(現・セイコーエプソン)は、消費電力が低く、視認性の高いFE方式の独自開発に着手、時計に適した液晶の合成及び封入方法など様々な課題を解決するとともに、クオーツ時計で蓄積された量産技術を活用し「06LC」の開発に成功しました。
その後も積極的にデジタルウオッチの開発・製造に取り組んだ結果、世界のデジタルウオッチは「06LC」が採用した方式が主流となりました。デジタルウオッチの開発で成功を収めた諏訪精工舎は、液晶の事業化を目指すべくウオッチ以外の用途開発に乗り出し、現在では液晶プロジェクター事業に発展しています。

なお、「06LC」認定品は、セイコーミュージアム(東京都墨田区)に常設展示され、ご覧いただくことができます。

補足資料
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]