編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

スマホ活用で効率的な警備業務が実現、にしけいが手荷物検査時の情報共有にIP無線アプリAldioを採用

株式会社シアンス・アール

From: PR TIMES

2019-09-04 10:20

株式会社シアンス・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:平岡 秀一)は、独自開発した音声コミュニケーションアプリ「Aldio Enterprise(アルディオエンタープライズ 以下Aldio)」を株式会社にしけいが採用したことを2019年9月4日付で発表いたします。
にしけいではスマートフォンでコミュニケーションツールを一本化し、各警備箇所の責任者にAldioをインストールしたスマートフォンを配備することで、荷物検査ライン・警備スタッフ・事務所での情報共有が密になり、スピーディな連携が可能になりました。



事例WEBページ: (リンク »)

[画像1: (リンク ») ]


同社では以前、警備スタッフには専用無線機などは貸与しておらず、特定のメンバーのみ社用携帯電話を利用していました。 また、警備箇所に一台ずつ携帯電話が配置されていたのですが、警備スタッフが移動すると連絡がつかなくなってしまったり、携帯電話の一対一のコミュニケーションだと周りに状況が伝わらなかったり、情報共有が効率的ではありませんでした。

そこで2019年4月に、同社は情報共有の手段を社用携帯電話からIP無線アプリAldioをインストールしたスマートフォンに切り替え、一斉音声通話による情報共有を開始しました。

福岡空港国内線には北と南の2箇所荷物検査場があり、各現場のリーダー警備員は勤務開始時に、北巡回早番責任者や北遅番巡回など、各々の勤務シフト用のスマートフォンを持って現場につきます。 発信者の話した情報が即座に全員に伝わるという、Aldioが持つ一人対複数人(ユーザー数制限なし)の情報発信ができるグループ通話に全員を登録することで、発便の遅れの共有や、混雑状況を確認しながらの荷物検査レーン移動や調整、終業時に事務所への業務報告などに活用しています。


[画像2: (リンク ») ]


最終便は航空会社によってバラバラで、その日最後の便が遅れますと、インライン(荷物を預ける所)、ハイジャック(手荷物検査)、ラウンジ検査の3箇所の終業時刻の調整をしなくてはなりません。
広い空港では「北は遅延しているので延長してください、南はもう閉めて結構です」などといったことを一括で情報共有できるAldioが役立っております。

また、特殊物件という、手荷物検査で一般では出ないような特殊なものが出た時、Aldioで情報と状況を全体共有をしましたところ、各責任者はちょうど会議中だったのですが、担当者が即座に現場へ向かい、対応することができました。 現在福岡空港の他に、伊丹空港、羽田空港国際線でも利用中です 。
[画像3: (リンク ») ]




その他Aldioを使った警備業務の効率化

「トランシーバー翻訳」
警備現場では訪日外国人の急増にともない、観光地はもちろん、交通機関や店舗などの流通、警備などのシーンで円滑なコミュニケーションが求められています。Aldioのトランシーバー翻訳機能は14言語に対応しており、一人対複数人の同時翻訳が距離に関係なく可能、外国人との円滑なコミュニケーションを実現します。

「MAP通話」
警備員がどこにいるのか確認したいときには、AldioのMAP通話で位置情報を確認しながら、グループ通話ができます。「現在位置」が把握できることで通報を受けた監視センター司令員の応対の向上にもつながります。

「ライブキャスト」
何らかのトラブルが発生した場合など、電話やメールでの情報共有は時間がかかってしまいます。
Aldioのライブキャスト機能なら、現場の状況を映像でリアルタイムに配信、動画でその場を共有することで、
関係者は会話しながら問題のある箇所を把握することができ、その状況に応じて的確な指示を出せるようになります。


[画像4: (リンク ») ]




にしけい様からのエンドースメント

空港のどこにいても、電波の良し悪しを気にせず一斉通話ができることが大きく役立っています。
何か事案があった場合でも、担当者が上司へ報告するだけで、同時に社内全体に共有されるので、責任者が1:1で指示を降ろさなくて良いので便利です。
大きなフィールド(現場)であればあるほど、使い勝手が良くなるのではと思います。


株式会社にしけい
経営企画部  IT推進開発課 課長代理
松尾 洋



Aldioについて


[画像5: (リンク ») ]

“現場が変わる“というコンセプトのもと、音声でのリアルタイムな情報共有ができる、スマホIP無線サービスです。
航空、鉄道をはじめとし、建設、流通店舗などの業務コミュニケーション基盤として、屋内外問わず24時間365日稼働しており、同時に数千名への一斉連絡を行う大規模ユーザーや、秒単位の細かい指示が必要などの現場で活用されています。
■スマホにアプリをインストールするだけで利用開始
■Android/iPhone/タブレットで利用可能。
■スピーカーマイクなどの周辺機器と連携、ハンズフリーでスマートフォンに触れることなく通話可
■現在、従来の音声のコミュニケーションを変える機能を開発中。・コミュニケーションにAIを活用、AIアシスタントの自動応答で現場をサポート
・位置情報等のIoTデータと連携
・通話データ、テキストデータをサーバ―に保存し、ビッグデータ解析今後は世界のデジタライゼーション化に沿って、人と人が美しくつながるプラットフォームを目指します。


30日間無料トライアル実施中

下記リンクからお申し込み後、「Aldio Enterprise」を30日間無料でお使いいただけます。
(リンク »)

<トライアル中にお使いできる機能>
・グループ通話
・個別通話
・双方向通話
・マルチグループ受信
・位置情報の確認
・通話履歴の再生
・チャット機能
・データ保存期間24時間
・強制起動
・音声キスト化
・パラレル翻訳


製品仕様

アプリ名:Aldio Enterprise(アルディオエンタープライズ)
対応OS:Android、iOS、WindowsPC
提供会社:株式会社シアンス・アール
導入事例に関してはこちら
(リンク »)


お問い合わせ先

【社名】株式会社シアンス・アール
【所在地】東京都新宿区神楽坂4-1-1 オザワビル7階
【設立】2003年9月19日
【担当者】伊藤恵
【TEL】03-5846-9670
【E-mail】pr@science-arts.com
シアンス・アール  (リンク »)
Aldio Enterprise (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]