編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

4K放送用カメラ対応ポータブルズームレンズ“CJ15ex4.3B”を発売

キヤノン株式会社

From: PR TIMES

2019-09-06 13:00

クラス最広角の広角端4.3mmと最高倍率15倍ズームを実現

キヤノンは、2/3型センサー搭載の4K放送用カメラに対応するポータブルズームレンズの新製品として、広角ズームレンズ“CJ15ex4.3B”を2020年1月下旬より発売します。



[画像: (リンク ») ]



“CJ15ex4.3B”は、2/3型センサー搭載の4Kカメラに対応する高い光学性能を持つ、光学性能を重視したハイエンド向けのポータブルズームレンズ「UHDxs」シリーズの広角ズームレンズです。シリーズの特長である高い光学性能を備えながら、クラス最広角(※1)の広角端4.3mmとクラス最高(※1)の高倍率15倍ズームを両立し、スポーツ中継や各種番組制作のロケなど、多彩なシーンにおいて、臨場感あふれる高画質な映像表現が可能です。キヤノンは、4K放送用カメラに対応するポータブルズームレンズのラインアップを拡充し、幅広いユーザーの要望に応えていきます。

■ クラス最広角の広角端4.3mmとクラス最高倍率15倍ズーム
広角端4.3mm、高倍率15倍ズームにより、スタジアムの全景や広大な景色などの撮影に適しています。また、広角端4.3mmと最至近撮影距離約0.3mを実現しており、スペースの限られた場所や被写体に接近した撮影が可能です。

■ 4K放送用カメラに対応する高い光学性能
蛍石、UDレンズ(※2)、スーパーUDレンズ(※2)を採用し、それらを最適配置する独自の光学設計技術により、色にじみや色収差を良好に補正し、ズーム全域で画面中心から周辺部まで優れた色再現性を実現しています。また、キヤノン独自の特殊コーティング技術「ASC(Air Sphere Coating)」により、フレアやゴーストを抑制し、HDR(※3)やWCG(※4)撮影においても、階調豊かな映像表現が可能です。

■ 小型・軽量な筐体で高い機動性と操作性
4K光学性能を持ちながら、質量約2.19kg(※5)、外形寸法約163.0(幅)x107.6(高さ)x249.6(長さ)mmと、HD放送用カメラ対応レンズと同等の小型・軽量な筐体を実現し、報道やドキュメンタリーなどの分野に求められる高い機動性を確保し、撮影者の負担を軽減します。


[表: (リンク ») ]



※1 ENGスタイル(報道現場などで肩に担いで撮影する方式)で撮影可能な広角端5.0mm以下の2/3型センサー搭載の広角ズームレンズにおいて。2019年9月5日現在。キヤノン調べ。
※2 「UD(Ultra Low Dispersion=特殊低分散)ガラス」を用いたレンズ。スーパーUDレンズは、UDレンズの性能をさらに向上させたレンズ。
※3 High Dynamic Rangeの略。映像の明部と暗部の輝度差(ダイナミックレンジ)を向上させる技術。
※4 Wide Color Gamutの略。映像の色域(カラーガンマ)を広げる技術。
※5 IASE Sの場合。IRSE Sの質量は約2.11kg。IASE Sはフォーカスサーボ有、IRSE Sはフォーカスサーボ無。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]