編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

世界初!アスリートの緊張感あふれる表情を今までにない視点で捉え、陸上短距離種目のエンターテインメント性を加速する新カメラシステム「セイコーブロックカム」IAAF世界陸上ドーハに登場

セイコーホールディングス株式会社

From: PR TIMES

2019-09-09 17:40

~16大会連続でIAAF世界陸上のオフィシャルタイマーを担当~



[画像1: (リンク ») ]

セイコーホールディングス株式会社(代表取締役会長兼グループCEO:服部 真二、本社:東京都中央区、以下「セイコー」)は、9月27日(金)から10月6日(日)までの10日間、カタール・ドーハで開催されるIAAF世界陸上競技選手権2019ドーハのオフィシャルタイマーを担当します。

セイコーは、1985年に国際陸上競技連盟( International Association of Athletics Federations、以下「IAAF」)と協賛契約を締結して以来、34年間パートナーシップを続けており、世界最高峰の陸上競技大会であるIAAF世界陸上のオフィシャルタイマーを16大会連続でつとめます。今回のドーハ大会では、セイコーブロックカムや砲丸VDMなどの新機材、新サービスを投入。アスリートの表情をより近く感じることができるようになったり、リザルトをビジュアル化して表示することで瞬時に見て取れるようになったり、判定の迅速性と透明性が向上するなど一層の進化を遂げています。

『時代とハートを動かすセイコー』は、経験豊富なタイミングチームと最新機材による正確な
計時・計測で、世界中の陸上競技ファンに感動の瞬間をお届けいたします。

【今大会で導入予定の新機材、新サービス】
1.セイコーブロックカム   導入種目 : 100m、100/110mハードル
スターディングブロックのヘッド部に超小型のカメラを2台設置(上部カメラ・下部カメラ)。ブロックに足を置きスタートの合図を待つアスリートの緊張感に満ちた表情や爆発的な勢いでゴールに向かっていく様子を、今までにない視点から捉え、短距離種目の短い時間に凝縮されるドラマの魅力をより多角的に観客に伝えます。このセイコーブロックカムは、IAAFとセイコーが、共同して開発・製作しました。

セイコーブロックカム 公式動画: (リンク »)
[画像2: (リンク ») ]


[上部カメラの映像] スタートを待つ選手の表情を捉えます。
[画像3: (リンク ») ]



[下部カメラの映像] スタートと同時に飛び出した選手の後ろ姿を捉えます。

[画像4: (リンク ») ]


2.セイコー新スタートインフォメーションシステム   導入種目 : 100m、100/110mハードル
従来、スタートインフォメーションシステムのフライング判定の材料は、スターティングブロックにかかる圧力変化波形のみでした。今回セイコーが初めて導入する新スタートインフォメーションシステムは、横一列に並んだ選手たちのスタートを真後ろと斜め前からカメラで捉えて撮影した映像を、圧力変化の波形データと連動して表示します。この映像によってスタート時の選手の微妙な体の動きも確認することができるようになり、審判員による判定の精度や公正さが向上することになります。

スタートビデオ 動画: (リンク »)
[画像5: (リンク ») ]


3.セイコーVDM(ビデオ距離計測システム)   導入種目 : 砲丸投
セイコーですでに導入している走幅跳・三段跳用VDM(Video Distance Measurement)の技術を応用したものです。投てきエリアの周囲にマーカーを置いて、2台のビデオカメラで、砲丸の落下の様子を撮影します。特別仕様のソフトウェアにより、操作員がモニター上で2つの画像それぞれの落下点をクリックするだけで三次元上の座標を求めることができ、正確に飛距離を計測することができます。
砲丸投は芝生上や屋内など様々なフィールドで行われるため、砲丸の痕跡も一様ではなく、目視で着地点を確定することは容易ではありませんでしたが、このVDM導入により、砲丸の着地点を短時間で正確に確認することが可能になり、記録への信頼性が高まることとなります。また着地点にプリズム等の目印を置く必要がなくなるので、計測員の違いによる誤差がなくなります。ビデオ画像は保存されるので計測の証明になり、透明性、公平性も担保されます。その上、投てき終了後すぐに次の試技にうつることができるので、スピーディーな競技運営が可能となり、選手や観客の待ち時間軽減にも役立ちます。このシステムが世界陸上で使われるのは初めてです。

[システム図]
[画像6: (リンク ») ]

[画像検証]

[画像7: (リンク ») ]


4.セイコーサンドピットイベントボード   導入種目 : 走幅跳、三段跳走幅跳、三段跳の様々な情報を表示するフルカラー高密度LED採用の表示盤で、砂場の横に設置します。種目ピクトグラムや競技名,開始時間の表示に加え,試合中は国旗や写真を含む選手紹介や,20cmごとに目盛を表示し、跳躍距離を視覚的に表現します。決勝進出に必要な距離や世界記録などを目盛上に表示することで,分かりやすい競技進行の助けとなるだけでなく観客の競技への関心を高めます。

[画像8: (リンク ») ]

[表示例]
競技名・開始時間                選手紹介
[画像9: (リンク ») ]



目盛(Q:決勝進出/WR:世界記録)         目盛(選手の跳躍結果)

[画像10: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]