編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

新たに50本のファンド取り扱いを開始、都市銀行・ネット銀行中No.1の品ぞろえに!

株式会社ジャパンネット銀行

From: PR TIMES

2019-09-14 10:40

~ノーロードファンドは総ファンド数の約7割に~

株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田鎖 智人、以下「ジャパンネット銀行」)では、2019年9月13日(金曜日)、JNB投資信託で新たに50本のノーロードファンドの取り扱いを開始いたします。
これにより、ジャパンネット銀行での総取り扱いファンド数は都市銀行・ネット銀行・新規参入銀行中No.1(※1)の312本になります。
また、ファンドの追加とともに、既に取り扱いのある64本のファンドの購入時手数料を無料化(※2)。総取り扱いファンド数の約7割にあたる212本がノーロードファンドとなりました。初心者の方でも手数料負担が少なく、より購入しやすいラインアップで、お客さまの資産運用ニーズにお応えします。



[画像: (リンク ») ]

新たに取り扱いを開始したファンドについて
業界最低水準の信託報酬を目指し続ける「eMAXIS Slim」シリーズや「購入・換金手数料なし」シリーズのほか、新たな投資手法で注目を集める「グローバル3倍3分法ファンド」、銀行初の取り扱いとなる「ウルトラバランス 世界株式」、世界的な景気不安により注目されている金の価格に連動するファンドなど、幅広いラインアップをご用意しました。

詳しくは「新規ファンド一覧」をご覧ください。
(リンク »)

JNB投資信託について
(リンク »)
・ネット銀行ならではの低コスト設定で、購入時手数料を抑えて効率よく運用可能。
・総取り扱いファンドの約7割が購入時手数料のかからないノーロード(※3)。
・つみたてNISA対象商品も充実(49本 ※3)。
・国内外の株式や債券、REIT(不動産投資信託)などに投資する人気のファンド、高分配や値上がり益が期待できるファンドなど、お客さまのニーズにあったファンドを厳選し、幅広く取り扱っています(総ファンド数312本 ※3)。

※1 投資信託(金融商品仲介業を除く)の取り扱いがある、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ソニー銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行で調査(ジャパンネット銀行調べ:2019年9月12日時点)。
※2 2019年9月13日約定分からノーロードになります。
※3 2019年9月13日現在の情報に基づく。

◎投資信託の重要事項について
(リンク »)

-------------------------------------------------------------------------------------
株式会社ジャパンネット銀行
登録金融機関
関東財務局長(登金)第624号
加入する金融商品取引業協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会
-------------------------------------------------------------------------------------

今後もジャパンネット銀行は、お客さまの資産運用ニーズにお応えできるよう努めてまいります。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ジャパンネット銀行の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]