編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ケーブルの導通・断線・結線ミスをチェックできる親機・子機分離タイプのLANケーブルテスターを発売。

サンワサプライ株式会社

From: PR TIMES

2019-09-17 11:00

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田和範)は、ケーブルの導通・断線・結線ミスをチェックできる親機・子機分離タイプのLANケーブルテスター「LAN-TST6」を発売しました。



[画像1: (リンク ») ]

■LANケーブルテスター
品番:LAN-TST6
標準価格:¥4,104(税抜き ¥3,800)
商品ページ: (リンク »)

[画像2: (リンク ») ]

「LAN-TST6」は、ケーブルの導通・断線・結線ミスやグランドの有無を調べることができるLANケーブルテスターです。
RJ-45コネクタ付きのUTPケーブル・STPケーブル、RJ-11コネクタ付きのモジュラーケーブルの結線状態を簡単に調べることができます。親機と子機の2つに分離できるので、長尺のケーブルや、LAN配線工事後のチェックに便利です。


[画像3: (リンク ») ]

導通確認で点灯するLEDの表示速度を3段階に切替えられます。ファース測定トモード、スロー測定モード、マニュアル測定モードと、自分に合った表示速度を選択して結線状態をしっかり確認することができます。

[画像4: (リンク ») ]

LEDライト付きで、暗い場所での作業にも便利です。USB(microUSB)ポートが付いているので、microUSBケーブル付きAC充電器(DC5V)を接続すると、9V乾電池がない状態でも、LANケーブルテスター、LEDライトが使用できます。

[画像5: (リンク ») ]

サイズは、マスターユニット(親機)が幅70×奥行き26×高さ104mm、リモートユニット(子機)が幅35×奥行き26×高さ104mmです。


製品画像データにつきましては、サンワサプライWEBサイトにあります「画像データベースシステム」(下記URL)よりダウンロードお願いいたします。
(リンク »)
----------------------------------------------------------------------
★サンワサプライHP
(リンク »)
★youtubeチャンネル
(リンク »)
★facebookファンページ
(リンク »)
★twitter @sanwainfo
(リンク »)
★サンワサプライ公式アプリ「サンワガチャ」
(リンク »)
-----------------------------------------------------------------------
※このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]