編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

映像授業+テキスト教材の『基本のキ』に国語が新登場!~学習塾での「個別/集団指導」「家庭学習」に最適~

株式会社デジタル・ナレッジ

From: PR TIMES

2019-09-18 06:40

導入実績1500超を誇るeラーニング専門ソリューション企業、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:はが弘明)と教材開発のパイオニアである株式会社学書(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:田村 茂彦)はこのたび専任講師による映像授業+専用のテキスト教材で学ぶ、デジタル&アナログ連動型の学習システム『基本のキ』に新たに『国語(古文・漢文/国文法)』の教科を追加いたしました。
>>詳細: (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]

■『基本のキ』について
中学1年~3年の英語・数学・理科・社会の基本を、専任講師による映像授業+専用のテキスト教材で学べる、デジタル&アナログ連動型の学習システムです。映像授業には「各単元の要点のまとめ&確認問題」を収録。映像の解説を見ながらテキストに書き込んでいく“デジタルとアナログのいいとこ取り”で各単元の基本を理解し、応用問題につながる土台作りができます。基本のキの国語では、国文法、古文・漢文の重要項目を「要点のまとめ」と問題で基本から
しっかり学習できるよう設計されています。
>>『基本のキ』詳細: (リンク »)

■国文法動画講師の福田先生よりコメント
国語の文法は一見無味乾燥な暗記モノと誤解されています。しかし、近代思想の潮流を考えてみるとき、例えば、近代に最も成功した科学の思考の枠組みとは、モノを最小の構成単位に分割し、その組み合わせが分かったとき、モノが「わかった」のだという考え方です。この「わかる」はもちろん「わかる」一つに過ぎませんが、水とは水素と酸素という元素の組み合わせとして「わかる」ように、文もその最小構成単位である単語がわかり、その品詞や、活用などがわかり始めれば、今までとは違った角度から文章の理解が深まることは間違いありません。
さぁ、それでは一緒に文法の勉強を始めていきましょう。

◇「個別指導」「集団指導」「家庭学習」にも
映像授業の数は約2,000本。1つの動画は最大約10分程度です。
そのため、長時間の映像教材と異なり、個別指導における解説授業や集団指導における事前学習や、補修授業、自宅学習などさまざまなシーンでご利用いただけます。

◇生徒一人ひとりの理解度・学習進度に合わせた学習を可能に
≪わからないところだけを効率的に学習≫
一般的な集合授業や、映像授業でもよくあるコマ単位の作りの場合、よくわかっているところも授業を受けなければなりません。『基本のキ』なら、動画の長さは最大で約10分程度。テキストで学習し、わからない部分だけ動画を視聴することで、授業を受ける時間を最小にして効率よく学習を進められます。もちろん、動画再生の速度変更や一時停止も可能。わかっているところは倍速再生するなど、生徒一人ひとりに合わせた学習を可能にします。

≪全問解説動画付き。生徒の「わからない」に全て対応≫
映像授業はわかりやすさを徹底的に追求し、生徒がつまずきやすい箇所や間違いやすい箇所をしっかり押さえたオリジナル。対応テキストに連動した、中学の学習範囲(英語、数学、理科、社会)をカバーする約2,000本の解説動画をご用意しました。テキストでわからない部分が出てきた際、必ずその解説動画が用意されているため、わからないところをそのままにすることなく、高校入試に向けしっかりとした基本的な学力を身につけることができます。

◇シンプルで迷わないから集中できる
教材構成は、単元ごとにポイント解説→例題解説→問題演習の学習スタイル。シンプルな構成で学習しやすいよう工夫されています。
また、黒板を使った一般的な授業には、板書のボリュームによって解説時間が大きく変動するという問題があります。『基本のキ』の映像授業では、電子黒板を活用し板書時間を短縮。さらに生徒が学んでいるテキストをそのまま電子黒板に表示することで、どの部分を学習しているか迷うことなく、学習に集中できる環境を整えています。

◇生徒の「苦手」や「頑張り」もわかる充実の管理機能
専用サイトより学習進捗・受講履歴の把握や、学習レポートのプリントができます。
生徒一人ひとりのつまずいた単元や問題を確認することで、適切なサポートや学習支援が可能です。


■株式会社学書について

[画像2: (リンク ») ]

株式会社学書は、名古屋に本社を置く、教育図書教材の出版社です。東京・仙台・大阪・福岡に拠点があり、小中校生向けの問題集を主軸として、現在約1,000アイテムの教材を出版しています。販売先は、日本全国の民間教育機関(学習塾・専門学校・私立学校等)です。昨今は、教育図書教材の出版だけではなく、デジタル教材や業務システム開発も手がけています。


■株式会社デジタル・ナレッジについて

[画像3: (リンク ») ]

株式会社デジタル・ナレッジは、創業より20年以上にわたり「知識(ナレッジ)」をより効率的・効果的に流通させて学習者に届けること、そしてより良い知識社会の実現に貢献することをコンセプトに、“日本で初めてのeラーニング専門ソリューション企業”として、組織内研修部門、塾・スクール、高等教育機関に対する1500を超えるeラーニングシステムの立ち上げを成功に導いて参りました。
お客様と教育に関する夢・想いを共有しながら、お客様と学習者をつなぐ“学びの架け橋“となり、より良い教育を実現していく――これを私たちのミッションと捉え、先進の教育テクノロジー開発と最新の情報が集まる環境づくりに挑戦し続けています。

【会社概要】
名 称:株式会社デジタル・ナレッジ
所在地:〒110-0005 東京都台東区上野5丁目3番4号 eラーニング・ラボ 秋葉原
代表者:代表取締役社長 はが 弘明
代表取締役 COO 吉田 自由児
URL: (リンク »)

【本サービスに関するお問合せ先】
株式会社デジタル・ナレッジ 担当:教育ICTサービス事業部
TEL:03-5846-2155
E-mail:infoadmin@d-k.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]