編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

シリーズ最大の出力をコンパクトサイズで実現する最上位モデルが登場 NEXO パワードデジタルTDコントローラー『NXAMP4x4MK2』

ヤマハ株式会社

From: PR TIMES

2019-09-17 15:06

株式会社ヤマハミュージックジャパン(東京都港区)は、NEXO SA(フランス パリ、以下、ネキソ社)とヤマハ株式会社が共同開発したパワードデジタルTDコントローラー『NXAMP4x4MK2』を2019年10月に発売します。



このたび発売する『NXAMP4x4MK2』は、高性能DSP(デジタルTDコントローラー)に、大出力の4chパワーアンプを内蔵した「NXAMPMK2シリーズ」のフラッグシップモデルです。最大4ch×4,500W(@2Ω)を実現する高効率で歪みの少ない最先端のClass-Dアンプを搭載し、32bit/96kHz対応のADDAコンバーターと3基のマルチコア64bit対応DSPの採用と合わせ、高い出力と高度な信号処理能力を実現しました。また、最新のスイッチング電源とPFC(力率改善回路)の採用により、3U(13.2センチ)の筐体に格納することで、高出力ながら高効率性能や省スペースと両立しています。さらに、フロントLCDタッチスクリーンによる快適な操作環境や、ソフトウェアによるリモート監視・制御やファームウェアのアップデートなどにも対応しています。


[画像1: (リンク ») ]



<概要>


最大4ch×4,500W(@2Ω)の高出力と、高度な音声信号処理能力による上質なサウンドを実現
最新のスイッチング電源とPFC回路の採用で、高出力と高効率性能&省スペースを両立
快適な操作環境や、リモート監視・制御、一括アップデートを実現する機能群


品名/品番/価格(税抜)/発売時期:
NEXO パワードデジタルTDコントローラー/NXAMP4x4MK2/1,600,000円/2019年10月

1.最大4ch×4,500W(@2Ω)の高出力と、高度な音声信号処理能力による上質なサウンドを実現
『NXAMP4x4MK2』は、最大4ch×4,500W(@2Ω)の高出力を実現する高効率で歪みの少ない最先端のClass-Dアンプを搭載しました。また、音声信号の入出力部には32bit/96kHzのプロセッシング能力を持つADDAコンバーターを採用し、豊かな低域と解像度の高い中高域を実現したほか、3基のマルチコア64bit対応DSPをプロセッシング部に搭載することで、全てのNEXOスピーカーを無理なく駆動させるだけでなく、その高い処理能力により、今後リリースされる新しいアルゴリズムの適用やファームウェアアップデートによる機能や音質の向上も可能です。さらに、オプションのDanteカード「NXDT104MK2」、EtherSoundカード「NXES104」、AES/EBUカード「NXAE104」を装着することで、遠隔操作や監視などシステムのデジタルドメインをアンプまで広げ、より利便性の高いシステム構築を実現します。

2.最新のスイッチング電源とPFC回路の採用で、高出力と高効率性能&省スペースを両立
電源部に高効率なスイッチング電源とPFC(Power Factor Correction:力率改善回路)技術を採用することで、4チャンネルの大出力パワーアンプと高性能なプロセッサーを3U(高さ13.2センチ)の筐体に格納し、コンパクト化を実現しました。また、隣接するパワーモジュールを逆相で駆動することで、スイッチングノイズと電磁波を抑制し、電源部の性能を最大限に引き出します。

3.快適な操作環境や、リモート監視・制御、一括アップデートを実現する機能群
フロントパネルに大型のカラーLCD(液晶)ディスプレイによるタッチスクリーンを採用し、イコライジングの詳細な設定や、セットアップの選択などを指先で直観的に操作できます。また、MacOSおよびiOSデバイスに対応したNEXOシステムマネジメントアプリ「NeMo」による、入出力レベルや出力パラメータなどのリモート監視・制御が可能です。さらに、NEXOファームウェア更新ソフトウェア「NeFu」により、複数台の『NXAMPMK2シリーズ』のファームウェアを一括してアップデートすることができます。
[画像2: (リンク ») ]



※今回の新製品の詳細については、プロオーディオサイトをご参照ください。
(リンク »)


[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]



NEXO 製品情報サイト
(リンク »)
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
(リンク »)


※文中の商品名・社名等は、当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ヤマハ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]