編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本の鉄道会社ではじめて導入します! ロッカーサービス「Amazon Hub ロッカー」を設置

小田急電鉄株式会社

From: PR TIMES

2019-09-18 15:40

~年内に、生活導線である駅や駐輪・駐車場10ヶ所に設置します~

 小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、アマゾン商品の受け取りが可能なロッカーサービス「Amazon Hub ロッカー」を導入し、小田急線駅構内および駐輪・駐車場スペースに設置します。第1期として9月に6ヶ所、第2期として年内に4ヶ所設置予定です。なお、同ロッカーは、アマゾンジャパン合同会社(本社:東京都目黒区 ジェフ・ハヤシダ社長 以下、「アマゾン」)が本日より国内に展開するもので、日本国内の鉄道会社において初めての導入となります。




[画像1: (リンク ») ]



当社では、これまでも宅配事業者の荷物の受け取りや、一部ECサイトにおける発送サービスが利用可能なオープン型宅配便ロッカーを全線の約6割の駅に導入し、お客さまの生活導線となる駅の利便性向上に努めてまいりました。
今般、Eコマース市場最大手のアマゾンが提供するロッカーサービス「Amazon Hub ロッカー」を設置していくことで、駅などへお立ち寄りいただく際、アマゾンでのご注文商品を受け取ることができるようになります。

また、オープン型宅配便ロッカーとあわせて、昨今の再配達問題をはじめとした配送に関する社会課題の解消に貢献いたします。

今後も、電車のご利用の有無を問わず、駅を便利にお使いいただくための施設の機能・利便性の向上を図ってまいります。
[画像2: (リンク ») ]



「駅等へのAmazon Hub ロッカーの設置」の概要は以下のとおりです。



1 ロッカーサービス名称
「Amazon Hub ロッカー」

2 設置場所
(1)第1期
下北沢駅、経堂駅、祖師ヶ谷大蔵駅、成城学園前駅、生田駅、読売ランド前駅

(2)第2期
世田谷代田駅、小田急梅ヶ丘第1駐車場、オダクル豪徳寺第3(駐輪場)、オダクル千歳船橋第1(駐輪場)

3 サービス対象者
アマゾンで商品を注文した全てのお客さま

4 その他
「Amazon Hub ロッカー」の詳細は、専用ホームページにご確認いただけます。
(リンク »)

以 上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

小田急電鉄株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]