パソナN A プライバシー規制に関するセミナー 9/30東京で開催

株式会社パソナグループ 2019年09月18日

From PR TIMES

~「カリフォルニア州消費者個人情報保護法施行へ向けたコンプライアンス対策」~

米国でグローバル人材の紹介やアウトソーシングサービスを提供するパソナN A(Pasona N A, Inc.、本社:ニューヨーク、President & COO 古代賢司)は、米国進出を検討している日系企業などを対象に、アメリカ合衆国カリフォルニア州で新たに施行される「CCPA(カリフォルニア州消費者個人情報保護法、※1)」にまつわる対策セミナーを、9月30日(月)にパソナグループ本部JOB HUB SQUAREにて開催いたします。



日本では2017年5月に改正個人情報保護法が施行、EUでは2018年5月にGDPR(一般データ保護規則、※2)が施行されるなど、昨今プライバシーに関する情報への関心が世界中で高まる中、カリフォルニア州では2020年1月から新たにCCPAが施行されます。今回、米国で連邦法としては初めて、個人情報保護法が施行されることで、米国における個人情報保護規制に対して注目が高まっています。

そこで今回のセミナーでは、来年1月に施行が迫るCCPAへの理解を促し、米国進出を支援することを目的に、深い知見と米国で幅広いネットワークをもつMorgan, Lewis & Bockius LLPの弁護士より、CCPA施行の背景や施行する上で注意すべきポイントなど、コンプライアンス対策を紹介いたします。

(※1)CCPA…California Consumer Privacy Actの略称。アメリカ合衆国カリフォルニア州の居住者のプライバシー権と消費者保護を強化する法案。
(※2)GDPR…General Data Protection Regulationの略称。欧州議会・欧州理事会および欧州委員会が欧州連合 (EU) 内の全ての個人のためにデータ保護を強化し統合することを意図している規則。

■ パソナN A「カリフォルニア州消費者個人情報保護法施行へ向けたコンプライアンス対策」概要
日時
2019年9月30日(月)9:30-12:00(受付開始9:10)

内容
9:30- 9:45 / 開会挨拶
9:45-11:15 / CCPA(カリフォルニア州消費者個人情報保護法)施行へ向けたコンプライアンス対策について
スピーカー:
Morgan, Lewis & Bockius LLP Partner  W. REECE HIRSCH氏【英語】
Morgan, Lewis & Bockius LLP Associate 森下 実郎氏【日本語】
モデレーター:
The Japan Society Northern California, Member of Board of Directors
兼Morgan, Lewis & Bockius LLP Partner ナンシー 山口氏
11:15-11:30 / 質疑応答
11:30-12:00 / 懇親会

対象者
米国進出を検討している日系企業の海外事業ご担当者様 等

定員
100名(参加費無料)

場所
TRAVEL HUB MIX(東京都千代田区大手町2-6-2 パソナグループ本部 JOB HUB SQUARE)

共催
Japan Society of Northern California, Morgan, Lewis & Bockius LLP

お問合せ
hrseminar@pasona.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社パソナグループの関連情報

株式会社パソナグループ

株式会社パソナグループの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]