編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

~輸送・交通・行政・自治体・通信・エネルギー・保険・金融の業界に向けた実践的な衛星データ活用セミナー「Tellus Open Discussion」を開催~

さくらインターネット株式会社

From: PR TIMES

2019-09-19 11:00

さくらインターネット、PwCコンサルティングと協力し、日本国内の衛星データのビジネス利用を促進する取り組みを開始

インターネットインフラサービスを提供するさくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 邦裕)は、衛星データビジネスの創出において数多くの海外実績を持つPwCコンサルティング合同会社と協力し、日本国内の衛星データのビジネス利用を促進するための取り組みとして、輸送・交通・行政・自治体・通信・エネルギー・保険・金融の業界に向けた実践的な衛星データ活用セミナー「Tellus Open Discussion」を開催します。



 さくらインターネットは、経済産業省の「政府衛星データのオープンアンドフリー化・データ利活用促進事業」を受託し、クラウド上で衛星データの分析ができる日本初の衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」の開発・運用を行っています。PwCコンサルティングは、「Tellus」の開発への貢献と利用促進を目的として当社が組成したアライアンス「xData Alliance(クロスデータアライアンス)」のメンバーであり、本セミナーは「xData Alliance」の取り組みの一環です。

 すでに海外では、さまざまな分野において衛星データを活用することで既存事業の効率化を図り、大きな成果を上げている実例が多数あります。今後ビッグデータの解析能力が上がってAIの技術が進んでくることにより、さらに衛星データは使いやすくなり、ビジネス利用が進むと考えられています。しかし日本国内においては、まだまだ事例が少ないのが現状です。

 そこで本セミナーでは、輸送・交通・行政・自治体・通信・エネルギー・保険・金融の各業界向けに、実践的な衛星データの活用法の紹介やディスカッションを実施します。各業界を全4回に分け、9月から毎月開催していきます。

 これらの業界は、事業において大規模な管理が必要であることが多く、「広範囲に時間の幅を活用して変化をとらえられる」という強みを持つ衛星データの活用で、人件費などのコスト軽減が期待できます。さらにコスト削減をした上で、その先のビジネスや投資先がイメージしやすいため、衛星データの活用に適していると考えられます。

 さくらインターネットは、本取り組みを通じて衛星データのビジネス利用を促進することにより、衛星データによる新たな価値創造による日本の経済力強化へ貢献してまいります。

<Tellus Open Discussionについて>
■タイトル:Tellus Open Discussion(テルースオープンディスカッション)
■内 容 :衛星データを活用した事業効率向上・ビジネスイノベーション事例の紹介
■共 催 :さくらインターネット株式会社
      PwCコンサルティング合同会社
■企画協力:株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ
■開催場所:PwC Japan エクスペリエンスセンター(東京都千代田区大手町1丁目1)

■各回の詳細
・第1回
テーマ:輸送・交通
日時:2019年9月26日(木)14:00~16:00
対象:鉄道事業者、高速道路管理会社、航空会社、船舶会社など輸送・交通関係者
お申し込み: (リンク »)

・第2回
テーマ:行政・自治体
日時:2019年10月17日(木)14:00~16:00
対象:各都道府県や政令指定都市の防災・危機管理担当など都市開発関係者
お申し込み: (リンク »)

・第3回
テーマ:通信・エネルギー
日時:2019年11月14日(木)14:00~16:00
対象:電力・ガス会社、放送・通信事業社など通信・エネルギー関係者
お申し込み: (リンク »)

・第4回
テーマ:保険・金融
日時:2019年12月5日(木)14:00~16:00
対象:大手損保、メガバンク、信託銀行など保険・金融関係者
お申し込み: (リンク »)

■参考
Tellusオウンドメディア「宙畑」にて、本取り組みの紹介記事を掲載しています。下記よりご覧ください。

・海外に学ぶ、ビジネス効率を加速させる衛星データ活用術!
(リンク »)

<Tellusについて>
■概要
Tellus※1は、さくらインターネットが経済産業省の「政府衛星データのオープンアンドフリー化・データ利活用促進事業」を受託し、開発・運用に取り組んでいる衛星データプラットフォームです。衛星データや衛星データを扱うさまざまなツールの提供、アプリケーションなどの開発環境、衛星データ活用のためのトレーニングおよび衛星データコンテストなどの教育コンテンツ、そして衛星データを活用するためのさまざまなドキュメントを提供するオウンドメディアといった機能を有します。また、Tellusには衛星データに加え、気象、人流などの地上データを順次搭載しています。

■料金
無料※2

■ウェブサイト
(リンク »)

■ロゴ
[画像1: (リンク ») ]


※1 名称は、宇宙から得られる地上のデータにより豊かな未来を作り出したいという意を込め、大地の女神「Tellus(テルース)」から取っています。
※2 分析のためのクラウドなどのコンピューティングリソースは原則無料となりますが、上限があります。また民間企業が提供する商業衛星データなどを購入し、Tellus上で利用できる機能も今後整備する予定です。

<xData Allianceについて>
■概要
xData Allianceは、Tellusの開発への貢献と利用促進を目的として2018年7月31日に発足し、現在、宙産業関連企業を含めた25の事業者・研究機関・団体が加入しています。各メンバーは、現在行っている事業の知見を生かし、主にユーザーの視点からの提言(プラットフォームの使いやすさ向上のための提言など)を通じて、「Tellus」の開発に貢献します。利用促進においては、全国各地でデータサイエンティストを対象としたセミナーやコンテストの開催、衛星データと組み合せるさまざまな地上空間情報の収集、ウェブでの情報提供などを実施予定です。

■ウェブサイト
(リンク »)

■ロゴ
[画像2: (リンク ») ]



※ プレスリリースに掲載されている内容は発表時点の情報です。その後、予告せず変更となる場合があります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]