編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

博報堂生活総合研究所「増税に関する生活者調査」結果発表―10月増税で、生活は「変化しない」が55.3%

株式会社博報堂

From: PR TIMES

2019-09-19 13:40

「変化しない」と思う理由の1位は、「必要なものは買うしかない」。増税があっても必要経費は払わざるを得ないという、生活者の心情が浮き彫りに

博報堂生活総合研究所は、2019年10月の増税による生活者の変化を探るべく、5月から毎月、「増税に関する生活者調査」を実施してまいりました。この調査は、首都圏・阪神圏・名古屋圏の20~69歳男女1,500人を対象に、「増税と軽減税率の実施によって、消費に関する行動や意識、暮らしぶりは変化すると思うか」どうかを、その理由とともに聴取したものです。この調査結果を、当研究所が1993年からほぼ毎月聴取し続ける「消費意欲調査」の結果とともに分析したところ、今回の増税に関する生活者の心持ちは、過去2回の増税とは異なっていることがみえてきました。



<結果の要約>


「増税による消費生活の変化予想」で「変化しない」と思う計は2カ月連続で増加、55.3%で最高値。
「変化する」と思う計との差も15.0ポイントにまで広がる。
「変化しない」と思う理由は「必要なものは買うしかないから」が1位で突出(51.9%)。以下、「駆け込み消費はしない」(29.6%)、「高額消費の予定がない」(27.8%)などの理由が上位。
過去2回の増税時と比較しても、今回は消費意欲の水準自体が極めて低い。


■増税による消費生活の変化予想(2019年5月~9月)

[画像1: (リンク ») ]

■回答理由(2019年9月)

[画像2: (リンク ») ]


≫調査レポートはこちらからご覧ください
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]