編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

『ナカノヒトゲノム【実況中】』のオリジナルグッズが当たるオンラインくじ『くじコレ』を9月19日より販売開始!

アクセルマーク株式会社

From: PR TIMES

2019-09-19 19:40

~S賞には全長2メートルの等身大タペストリーが登場!~

アクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区 代表者:尾下 順治 証券コード:3624)は、スマートフォンやパソコンから購入可能なハズレなしのオンラインくじサービス『くじコレ』にて、等身大タペストリーやミニキャラ限定グッズがあたる『ナカノヒトゲノム【実況中】 くじコレ』( (リンク ») )の販売を本日9月19日(木)より開始することを発表いたします。



[画像1: (リンク ») ]


『ナカノヒトゲノム【実況中】』は、8人のゲーム実況者たちが再生数1億を目指す探索型リアルゲーム実況ストーリーです。主人公はナチュラル実況で名を馳せるゲーム実況者・入出アカツキ。
彼が謎のフリーゲーム「ナカノヒトゲノム」をクリアした結果、外界とは隔離されたとある島に閉じ込められてしまう。アカツキの他にも個性豊かな実況者たちがその島には集められており、そこで彼らに課されたのは、リアルでクリアしなければならない数々のゲームにおいて、再生数一億を達成すること。
8人のカリスマ実況者たちによる、帰還を賭けたリアル実況の行く末とは……!?
本作は2019年7月7日(日)よりTVアニメが放映され、現在も『ジーンピクシブ』にて好評連載中です。

本くじの商品には、ミニキャラクターデザインのラウンドクッション(4種)やマイクロファイバークロス(8種)、ミニキャラクターと場面写を使用したデカ缶バッジ(16種)がラインナップされています。また、目玉となるS賞には、全長約2メートルの等身大タペストリー(8種)が登場!
くじコレでしか手に入らない商品が盛りだくさんの『ナカノヒトゲノム【実況中】 くじコレ』をお見逃しなく!


■ナカノヒトゲノム【実況中】 くじコレ 商品概要
・URL: (リンク »)
・販売期間 :2019年9月19日(木)12:00~2019年10月9日(水)18:00(予定)
・販売価格 :1回650円(税抜)
・お届け目安:販売期間終了から約2.5ヶ月後(※詳細は購入ページをご確認ください)
・配送手数料:1購入あたり 全国一律500円(税抜)
・商品ラインナップ:


▼S賞  選べる等身大タペストリー(全8種)

[画像2: (リンク ») ]



▼A賞 ラウンドクッション(全4種)

[画像3: (リンク ») ]



▼B賞 マイクロファイバークロス (全8種)

[画像4: (リンク ») ]



▼C賞 デカ缶バッジ (全16種)

[画像5: (リンク ») ]


※各賞のうち、いずれか1種類(1つ)当たります。
※画像はイメージです。実際の商品と異なる場合があります
(C)2019 おそら/KADOKAWA/ナカノヒトゲノム【実況中】製作委員会


【くじコレとは?】
スマートフォンやパソコンからインターネット上で購入できる、ハズレなしの抽選くじです。
他では入手不可能な「オリジナル限定グッズ」をラインナップ!
各くじは販売期間限定商品となりますので、このチャンスをお見逃しなく!!


<URL>
(リンク »)
[画像6: (リンク ») ]



【くじコレに関するお問い合わせ】
くじコレ担当
E-MAIL : contact@kujico.jp
T E L : 03-5354-3352(平日10:00~18:00)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アクセルマーク株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]