編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

発売10日で重版決定! 元ラグビー日本代表主将の著作が話題!

株式会社KADOKAWA

From: PR TIMES

2019-09-20 09:40



株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、2019年9月7日(土)に発売した『ラグビー知的観戦のすすめ』(著:廣瀬俊朗、角川新書)について、発売10日での重版を決定しました。
なお、廣瀬俊朗氏は9月20日から開幕となるラグビーワールドカップ2019日本大会のNHK総合で生中継をする試合のうち、開幕戦と決勝戦などで解説を担当する予定です。
[画像1: (リンク ») ]

<内容>
元日本代表の司令塔が、ラグビーの楽しみ方を徹底解説

本書は、元日本代表主将である廣瀬俊朗氏が、試合観戦の際の勝負のポイントの見極め方をはじめポジションの特徴や、競技に通底する道徳や歴史などを解説。日本初開催となるW杯の観戦術を説いています。

ゲームには、「肝」となるポイントがある!
・覚えておくべき二つの大原則は「ボールを持った人が先頭」「倒れた人はプレーできない」
・反則には「軽い反則」と「重い反則」がある
・ラグビーは「陣取りゲーム」かつ「人数ゲーム」
・パスが3回つながれば大チャンスが訪れる!?



なお、9月15日に刊行記念トークイベントを行い、数多くの読者の方が参加されました。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


ラグビーが単なる勝ち負けだけを争うスポーツであれば、これほど多くの人が観戦に訪れることはないのではないか。(中略)本書はそういうラグビーが持つ価値を、なるべくわかりやすくお伝えしようと考えて書いたものだ。(「はじめに」より)

◆目次
はじめに
第1章 ラグビーをやっているのは、こんな人たちだ
第2章 ラグビーはこう見ると、よくわかる!
第3章 「世紀の祭典」ワールドカップと、世界ラグビーの勢力図
第4章 僕がラグビーを大好きな理由
付録 アンセムを歌おう! 歌詞カード

【著者略歴】廣瀬 俊朗(ひろせ としあき)
1981年、大阪府生まれ。ラグビーワールドカップ2019公式アンバサダー。スクラムユニゾン発起人。5歳のときにラグビーを始め、北野高校、慶應義塾大学を経て、2004年に東芝入社。1999年度、U19日本代表、高校日本代表、2007年より日本代表。2012年から2013年まで日本代表のキャプテンを務める。2015年W杯では日本代表史上初の同大会3勝に貢献。通算キャップ28。ポジションはスタンドオフ、ウイング。


◆書誌情報
【発売】2019年9月7日(土)※電子書籍同日配信
【定価】本体 840円 +税
【頁数】240 頁
【ISBN】978-4-04-082319-5
【レーベル】角川新書
【発行】株式会社 KADOKAWA
【書誌ページ】 (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]