編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

後藤繁雄『超写真論 篠山紀信 写真力の秘密』発売と、篠山紀信展「写真力」開催のお知らせ

株式会社小学館

From: PR TIMES

2019-09-20 13:40

小学館では、9月5日より東京ドームシティ「Gallery AaMO」で開催されている篠山紀信展「写真力」にあわせて、本日9月20日に後藤繁雄著『超写真論 篠山紀信 写真力の秘密』を刊行いたします!

2012 年より全国美術館を33ヶ所を巡回し、総入場者数100万人を突破した前代未聞の篠山紀信展「写真力」は、写真界の「事件」となりました。本書は、展覧会の企画・プロデュースをつとめた後藤繁雄が、徹底的に「篠山写真」の力の秘密に肉迫した、本格的な篠山写真論です!



篠山紀信という写真家は、日本人ならば誰もがその名前を知る、そしてデビュー以来50年にわたり、常に写真の前線・社会の前線で活躍してきた第一人者です。しかし、その「写真の力」がどこから来るのか。その秘密を徹底分析した本は、ほとんどありませんでした。著者である後藤繁雄は、編集者としてだけではなく、京都造形芸術大学で長らくコンテンポラリーアート/現代写真について、教鞭をとっています。今、デジタルの波が社会を飲み込み、アートシーンも大きくシフトする中で、時代を常に切り拓いてきた「篠山写真」がなぜ「常に新しい」のか。エンドレスに活動し続けられるのか。本書は「篠山写真」を再考するとともに、未来へ向けた多くのヒントを提供します。


[画像1: (リンク ») ]

後藤繁雄『超写真論 篠山紀信 写真力の秘密』
発売日:2019年9月20日 発行:小学館
定価:本体2,900 円+税
仕様:A5 判376頁 ISBN:978-4-09-682305-7

まえがき 篠山紀信という大きな謎がある
第1章「写真は時代を映す鏡だ」と篠山紀信は言う
第2章「写真力」展を巡りながら考える
第3章「写真力」をめぐる4つの秘密
第4章 逆襲する篠山紀信(写真の再編と再生の季節に)
第5章 東京は写真である
第6章 踊りながら撮り続けろ!!
第7章「快楽の館」そして「イノセント」へ
あとがき 対談『写真て、写真さ...』篠山紀信× 後藤繁雄
巻末 クロニクルズ+60PHOTOBOOKS GUIDE

[画像2: (リンク ») ]


著者プロフィール……後藤繁雄【ごとう・しげお】
編集者、京都造形芸術大学教授。
コンテンポラリーアート、現代写真について2 0 年近くにわたり教鞭をとり、若手アーティストの発掘・育成に力を入れる。自著・共著に『アート戦略/コンテンポラリーアート虎の巻』『現代写真アート原論』など多数。また、編集者として坂本龍一、篠山紀信、蜷川実花、名和晃平などのアートブック、写真集も数多く手がけ、同時に自ら主宰するG/P GALLERY を拠点に、150を超す写真展をキュレーション。篠山紀信展「写真力」にあたっては、企画・プロデュースを行なった。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]