編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

パイオニア製スピーカーシステムが、「MAZDA CX-30」のオーディオシステムに採用

パイオニア株式会社

From: PR TIMES

2019-09-20 11:40

 



 パイオニアのスピーカーシステムが、マツダ株式会社(以下「マツダ」)が発売する「MAZDA CX-30」のオーディオシステム「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」に採用されました。本スピーカーシステムが採用されたのは、「MAZDA3」に続き、2車種目となります。音質にこだわり抜いた製品を生み出してきた当社の音響技術・ノウハウと、マツダのサウンドアーキテクチャに基づいたスピーカーレイアウトを組み合わせることで、原音に忠実でクリアな音質を実現します。


 MAZDA CX-30 車種紹介サイト: (リンク »)


【「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」スピーカーシステムの概要】
 8個のスピーカーで構成される音質にこだわり抜いたサウンドシステム。高音質パーツの採用に加え、マツダの構想に基づき、ウーファーをフロントドアではなくカウルサイド(車両前方コーナー)に設置、最適化することで音の伝搬効率を向上させるとともに、ノイズを大幅に低減しています。

[画像: (リンク ») ]




1. Aピラー 2.5cm Tweeter x 2
2. フロントドア 8cm Midrange   x 2
3. カウルサイド 12cm Box Woofer  x 2
( リアドア 2.と同じ 8cm Midrange  x 2 )

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

パイオニア株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]