編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「@cosme」20周年、初めてサービスロゴをリニューアル~ユーザーとブランドをつなぎ、Beautyを一緒に楽しむ信頼のプラットフォームへ~

株式会社アイスタイル

From: PR TIMES

2019-09-26 14:40



株式会社アイスタイル(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:吉松 徹郎、証券コード:3660、以下 アイスタイル)は、今年12月3日のサービス開始20周年を機に、「@cosme」のサービスロゴを初めてリニューアル致します。
また、新しいロゴのコンセプトや今後の展開などを詳細に解説した特設サイト( (リンク ») )を本日オープンしました。
[画像1: (リンク ») ]

「@cosme」は、化粧品に関する公正なクチコミとランキングで生活者とブランドをつなぐ“みんなのクチコミサイト”として、1999年12月3日にサービスを開始しました。
その後、2002年の化粧品ショッピングサイト「@cosme shopping」開設、2007年の化粧品専門店「@cosme store」のオープンをはじめ、オンライン/オフライン問わず、様々な場で生活者とブランドをつなぐプラットフォームへと進化してきました。

そのような現状を踏まえ、今年20周年を迎えるタイミングで、「@cosme」を“ユーザーとブランドをつないで、Beautyを一緒に楽しむ信頼のプラットフォーム”と再定義しました。今回の新しいサービスロゴのコンセプトは「Dot & Space」です。
“@cosmeは、ビューティに関するあらゆるモノ・コト・ヒトをつないでいく。点と点(Dot)をつなぐ場(Space)を生み出していく。”
[画像2: (リンク ») ]

今回のロゴリニューアルに伴い、「@cosme store」や「@cosme shopping」をはじめとした「@cosme」ブランドのロゴも、このコンセプトに沿ってリニューアルし、one @cosmeとして集約してまいります。

今後も「@cosme」はユーザーとユーザー、ユーザーとブランドをつなぎ、皆さまがBeautyを一緒に楽しむことのできる信頼のプラットフォームとして一層の成長を目指し、創業以来のビジョンである生活者中心の市場創造の実現に向け、邁進してまいります。

【株式会社アイスタイル 会社概要】 (リンク ») 東証一部・コード番号3660
▌ 所在地:〒107-6034 東京都港区赤坂 1-12-32 アーク森ビル 34 階
▌ 設 立:1999年7月27日
▌ 資本金:36億4,700万円
▌ 代表者:代表取締役社長 兼 CEO 吉松 徹郎
▌ 事業内容:美容系総合ポータルサイト@cosmeの企画・運営、関連広告サービスの提供

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]