編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

バリューコマース、ダイナテックを子会社化

バリューコマース株式会社

From: PR TIMES

2019-09-27 08:40

~ホテル・旅館の公式サイト専用ネット予約システムのリーディングカンパニーとともに、オンライン旅行市場のさらなる活性化を目指す~

バリューコマース株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 最高経営責任者:香川 仁、以下、バリューコマース)は、ホテル・旅館の公式サイト専用ネット予約システム市場におけるシェアナンバーワン(※)のサービス「Direct In(ダイレクトイン)」などを運営するダイナテック株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:齋藤 克也、以下ダイナテック)の全株式を取得し、同社を子会社化することを決議しました。
※2019年8月、ダイナテック社調べ

1987年に設立されたダイナテックは、宿泊施設向けの予約システムや顧客管理システムなどのホテルの情報システムを専門に開発を行い、事業を展開しているソリューションプロバイダーです。現在は、ホテル・旅館の公式サイト専用ネット予約システム市場でシェアナンバーワンの「Direct In」や、ホテル運営管理システム「Dynalution(ダイナリューション)」などのサービスを提供しています。

一方、バリューコマースは、同社の提供する「バリューコマース アフィリエイト」の旅行カテゴリにおいて、主要旅行広告主のアフィリエイト出稿でのシェア約6割を占め、このカテゴリのシェアナンバーワンです(※)。
※2019年7月、バリューコマース調べ

日本のオンライン旅行市場は力強く伸び続けており、その市場規模はいまや4.5兆円ともいわれています(※)。そしてこの成長に伴い、国内の宿泊施設の予約に占めるオンライン比率も年々上昇しています。このような状況の中で宿泊施設は、より効率的な情報発信や、宿泊客とのより良い関係づくりのための施策の展開を求められています。
※フォーカスライトJapan「日本のオンライン旅行市場調査 第4版」(2018年11月)

EC市場そのものの成長と活性化は、バリューコマースの基幹事業であるアフィリエイトにとって非常に重要です。オンライン旅行市場が伸長している今、ダイナテックの保有する旅行業界に関する知見と、バリューコマースの保有する広告による集客ノウハウ、EC流通金額の伸長に貢献するプロダクトを組み合わせ、宿泊施設予約のさらなる効率化と流通金額を拡大することを目指し、今回の提携にいたりました。

バリューコマースは、今後も環境の変化に柔軟に対応し、広告主とメディアの皆さまのビジネスを力強くご支援させていただきます。

【ダイナテックについて】
ホテル・旅館の公式サイト専用ネット予約システム市場でシェアナンバーワンの「Direct In」や、ホテル運営管理システム「Dynalution」などのサービスを通じて、お客様のあらゆるニーズにお応えしながら、情報システムの活用によって企業経営を支援していくことを目指し、新たな価値を生み出すソリューションを展開している会社です。

【バリューコマースについて】
EC事業者の2大課題、「集客」と「顧客維持」に対するソリューションを自社で保有。日本最大級のアフィリエイト・ネットワークを軸とし、マーケティング領域での課題解決、提案をする会社です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

バリューコマース株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]