編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

地域活性化デジタル商品券「e街ギフト」の提供を開始「ふるさと納税」の返礼品として瀬戸内市での採用が決定~「旅先納税システム」を瀬戸内市と共同開発し旅先でのふるさと納税も可能に ~

株式会社ギフティ

From: PR TIMES

2019-09-27 15:23

eギフトプラットフォーム事業(※1)を展開する株式会社ギフティ(本社:東京都品川区/代表取締役:太田 睦/以下、ギフティ)は、地域で発行・利用可能な商品券を電子化しギフトとして流通させるソリューション「e街ギフト」の提供を、2019年11月1日(金)より、開始いたします。また、第一号案件として岡山県瀬戸内市での導入が決定しており、「ふるさと納税」の各種ポータルサイト等での寄附の返礼品として、2019年11月1日(金)より、「e街ギフト」(2019年6月商標登録申請済み)の提供が開始されますので、あわせてお知らせいたします。



ギフティは、『ギフトで、「人と人」「人と企業」「人とまち」をつないでいく。』というコーポレートミッションのもと、eギフトの発行から流通まで一気通貫で提供するeギフトプラットフォーム事業を国内外で展開しています。主力サービスは、カジュアルギフトサービス「giftee」(※2)、eギフトやチケットを発行し販売する「eGift System」(※3)、また、eギフトを活用した法人向けソリューション「giftee for Business」(※4)、の3サービスあり、個人、法人、自治体を対象に広くeギフトサービスを提供しております。また、地域通貨を電子化し流通させるソリューションである「Welcome ! STAMP」を2016年5月にローンチし、長崎県内関係離島市町で共通で利用できるプレミアム付き商品券「しまとく通貨」や東京都島しょ地域で利用可能な「しまぽ通貨」で採用をいただいております。

11月1日(金)より提供を開始する「e街ギフト」は、特定の地域で発行・利用可能な商品券を電子化しギフトとして流通させる運用基盤であり、「Welcome ! STAMP」の1サービスとして新たに提供いたします。導入の第一号案件となる瀬戸内市へは、株式会社J&Jギフト(本社:東京都豊島区/代表取締役社長:梶谷 直樹/以下、J&Jギフト)と共同で提供いたします。

瀬戸内市では、「ふるさと納税」の返礼品として、「e街ギフト」を採用いただきました。「e街ギフト」の活用により、「ふるさとチョイス」、「ANAのふるさと納税」、「ふるまる」等の民間のふるさと納税ポータルサイトおよび瀬戸内市が運営する「山鳥毛里帰りプロジェクト」特設サイトで納税を行った寄附者に、返礼品として、瀬戸内市の加盟店で利用可能なデジタルの商品券「瀬戸内市e街ギフト」をメールで贈ることが可能となります。「瀬戸内市e街ギフト」の受取・利用には、アプリなどのダウンロードも必要なく、寄附から約2週間後に寄附者のメールアドレス宛に贈られ、瀬戸内市内の加盟店での会計時に利用することができます。また、加盟店での処理も大変簡単で、会計時に利用者のスマートフォンに表示された「瀬戸内市e街ギフト」の券面に電子スタンプ「giftee STAMP」(※5)を押印するのみで完了します。「giftee STAMP」の押印時に「消し込み」という処理が行われ、そのタイミングで利用済みのチケットとして認識されるため、再利用等の不正利用を防ぐことができます。なお、紙の商品券の運用時に発生する「受領・裏書き・集計・保管・請求」といった加盟店での煩雑な作業も必要もなく、利用実績等も専用のWEBページから加盟店毎に確認することが可能です。

また、瀬戸内市およびギフティが共同で企画開発を行なった、瀬戸内市に滞在中にスマートフォンから簡単に「ふるさと納税」に申し込め返礼品を即時に受け取ることができる「旅先納税システム」(2019年9月商標登録申請済み)についても、2019年11月1日(金)に提供を開始する予定です。「旅先納税システム」と「e街ギフト」のシステムを連携することにより、瀬戸内市に滞在中の旅行者が、現地で「ふるさと納税」を行い、返礼品として「瀬戸内市e街ギフト」を寄附後即時に受取ることが可能となります。寄附の方法も簡単で、「旅先納税システム」の専用サイトから寄附金額を選択いただいた後、クレジットカードで決済を行います。決済後「申し込み完了」ページに表示される「瀬戸内市e街ギフト」へのリンクボタンを押すと、商品券ページが表示されます。「旅先納税システム」と「e街ギフト」の併用により、「ふるさと納税」から返礼品の受取り・利用までの一連の行動を旅先で喚起することが可能となり、よりスピーディーな地域への還元が実現し経済波及効果の向上も期待されます。

瀬戸内市が返礼品として用意する「e街ギフト」は、寄附額に応じて4種類あり、1. 寄附額5,000円に対しe街ギフト1,500円(500円3枚分)、2. 寄附額10,000円に対しe街ギフト3,000円(1,000円3枚分)、3. 寄附額50,000円に対しe街ギフト15,000円(1,000円5枚、5,000円2枚分)、4. 寄附額100,000円に対しe街ギフト30,000円(1,000円10枚、5,000円4枚分)、が返礼品として贈られます。

「e街ギフト」を「ふるさと納税」の返礼品として自治体に活用いただくことで、返礼品を受け取った寄附者の観光を誘致することも可能となります。また、「旅先納税」と「e街ギフト」を連携することで、旅行者が旅先で寄附を行うベネフィットを得やすくなるため、「ふるさと納税」の促進にもつながります。また、旅行者は、寄附に加えて返礼品として受け取った「e街ギフト」を旅先で利用することで、旅行中に地域活性化を応援することができます。今後、ギフティは、「旅先納税システム」についても、「e街ギフト」とあわせ、自治体に広く提供できる環境を整備していく予定です。

ギフティは、瀬戸内市での導入を契機とし、「ふるさと納税」および新たな「ふるさと納税」の手段である「旅先納税」の返礼品として、全国の自治体への「e街ギフト」の提供拡大に取り組みます。また、ギフトで「人とまち」をつなぐというミッションのもと、「e街ギフト」の普及を通じて、地域活性化および旅行者の新たな体験の創出に貢献してまいります。
(※1) eギフトプラットフォーム事業とは、ギフティが取り組む、eギフトの生成から流通まで一貫して提供する事業です。
(※2) gifteeとは、ギフティが運営するeギフトの販売WEB/アプリサービスです
(※3) eGift Systemとは、ギフティが法人向けに提供するeギフトおよびeチケット販売システムです。導入企業は、自社サイトでeギフト/チケットサービスを運用することができます
(※4) giftee for Businessとは、eギフトを活用した法人向けソリューションです。キャンペーンの景品やお客様への謝礼にeギフトをご利用いただけます。
(※5) giftee STAMPとは、高セキュリティで電池不要の電子スタンプです。スマートフォンなど電子端末の画面に、電子スタンプを直接タッチするだけで、eギフトおよびeチケットを個別に照合し、使用済みと反映して処理することが可能です。

●「旅先納税」から「e街ギフト」発行・利用までのフロー


旅先納税システム
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


· ホテルや旅館などその場で「旅先納税(ふるさと納税)」をお申し込みいただくと、その場で返礼品「瀬戸内市e街ギフト」が届き、すぐにご利用いただけます。
· 入力フォームに必要事項を入力、寄附金額を選択後、カードによる決済、申し込み完了ページに「e街ギフト」へのリンクボタンが表示されます。ボタンを押すことで、券面ページへ遷移できます。

【 瀬戸内市旅先納税システム 概要 】
運営自治体:瀬戸内市
企画開発:瀬戸内市、株式会社ギフティ
提供開始日:2019年11月1日(金)
URL: (リンク »)
納税(決済)方法:クレジットカード決済(Visa 、MasterCard、JCB、 American Express、 Diners Club)

【 瀬戸内市e街ギフト 概要 】
導入自治体:瀬戸内市
提供開始日:2019年11月1日(金)
導入目的:瀬戸内市「旅先納税システム」の返礼品として
返礼品券種:1. 寄附額5,000円 瀬戸内e街ギフト1,500円(500円3枚分)
2. 寄附額10,000円 瀬戸内e街ギフト3,000円(1,000円3枚分)
3. 寄附額50,000円 瀬戸内 e街ギフト15,000円(1,000円5枚、5,000円2枚分)
4. 寄附額100,000円 瀬戸内e街ギフト30,000円(1,000円10枚、5,000円4枚分)
2019年度返礼期間:2019年11月1日(金)~2019年12月31日(火)
利用期限: 「e街ギフト」を受領後6ヶ月間
加盟店: 2020年3月末日迄に約100店を想定
以下、2019年9月27日(金)時点での加盟店13店舗
備前福岡一文字うどん、(有)ツルヤタクシー、(有)中光商店 牛窓本店
(有)中光商店 邑久駅前店、牛窓オリーブショップ、長瀬石油(株) 邑久SS
長瀬石油(株) エネジェット邑久駅前SS、長瀬石油(株) パルグリーンゴルフクラブ
竹久夢二本舗敷島堂本舗(株)、キノシタショウテン、山の上のロースタリ
The Hotel Limani & Spa、備前長船刀剣博物館

【 e街ギフト 概要 】
名称:e街ギフト
開発提供:株式会社ギフティ、株式会社J&Jギフト
提供開始日:2019年11月1日(金) 
サービス概要:「e街ギフト」は特定の地域で発行・利用可能な商品券を電子化しギフトとして流通させる運用基盤であり、「Welcome ! STAMP」の1サービスです。ふるさと納税や旅先納税の返礼品の他、各地域でのキャンペーン等の景品としてご活用いただける地域活性化ソリューションです。

1. 商品券の電子化により流通コストの削減が可能に
紙の商品券を電子化し流通させることで発行費用や印刷代、配送代、精算業務等の事務コストの削減が可能です。

2. giftee STAMPの利用で利用加盟店の負荷も軽減
スマートフォン等の電子端末の画面に表示されたe街ギフトに電子スタンプを押すだけで決済・精算が完了。会計時のデータが自動収集されます。

3. スマートフォン等の電子端末を用いて利用
利用者はスマートフォン等の電子端末にe街ギフトのデータを保存し利用が可能です。紛失や置き忘れが防げます

■株式会社ギフティについて
ギフティは、『ギフトで、「人と人」「人と企業」「人とまち」をつないでいく。』というコーポレートミッションのもと、eギフトの発行から流通まで一気通貫で提供するeギフトプラットフォーム事業を国内外で展開しています。主力サービスは、カジュアルギフトサービス「giftee」(※3)、eギフトやチケットを発行し販売する「eGift System」、また、eギフトを活用した法人向けソリューション「giftee for Business」(※4)、の3サービスで、個人、法人、自治体を対象に幅広くeギフトを活用したサービスを提供しております。

社名: 株式会社ギフティ
所在地: 〒141-0022 東京都品川区東五反田5丁目10−25 齊征池田山ビル2F
設立: 2010年8月10日 (サービス開始:2011年3月)
資本金: 1,063,835千円(2019年9月末時点)
代表者: 代表取締役 太田 睦
事業内容: eギフトプラットフォーム事業の展開(以下4サービス)
1.カジュアルギフトサービス「giftee」の運営
2.法人を対象としたギフト販売システム「eGift System」事業の展開
3.eギフトを活用した法人向けソリューション「giftee for Business」事業の展開
4.電子地域通貨および電子チケットのプラットフォーム「Welcome ! STAMP」事業の展開
URL: 株式会社ギフティ  (リンク »)
カジュアルギフトサービス「giftee」  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]