編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

都内飲食店初販売!黒毛和牛とアンガス牛を掛け合わせたブランド牛「やまちくアン黒」 ワイン倶楽部ほか合計11店舗にてメニュー化

株式会社ダイナック

From: PR TIMES

2019-10-01 08:29

株式会社ダイナック(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:田中政明)は、 2019年10月1日 (火)より、運営する「ワイン倶楽部」「モツーダ」「ヴィッラビアンキ」合計11店舗において、東京都内飲食店では、初めて「やまちくアン黒」というハイブリット牛肉を使った商品を販売いたします。




[画像1: (リンク ») ]


〔やまちくアン黒とは〕

西洋の肉用牛品種の中で『最も肉質が良い』とされるスコットランド原産のアンガス種と、『美しいサシ』が特徴的な黒毛和種を掛け合わせ、宮崎県“山之口畜産”が育て上げたオリジナルブランド牛を「やまちくアン黒」と呼びます。「ワイン倶楽部」そして「モツーダ」では、ワインと合う牛肉の追求を行って参りました。その中で、程よい脂の甘みと赤身肉本来の旨味を持つ「やまちくアン黒」と出会い、ワインとのマリアージュを高めてくれるものと確信し、メニュー化を致しました。都内のどの飲食店でもまだ提供されていない、この希少な牛肉、是非ご賞味ください。

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]



〔メニュー例〕

各店舗で仕入れる部位が異なります。また数に限りもありますので、お問い合わせによるお取り置きもおこなっております。※価格は1,500円~2,000円程度(時価)。

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]



〔取り扱い情報〕

●店舗名  :ワイン倶楽部(有楽町店、丸の内店、八重洲店、池袋店、新宿店、大宮店)

:トリッペリア モツーダ(神保町店、大手町店)

:ヴィッラビアンキ(丸の内OAZO店、新宿店、京橋エドグラン店)

●販売期間:2019年10月1日(火)~

ディナータイムにて販売いたします。

※ワイン倶楽部、モツーダは9月9日(月)~先行販売中です。

●URL    : (リンク »)  (ワイン倶楽部)

: (リンク »)  (モツーダ)

: (リンク »)  (ヴィッラビアンキ)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]