編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

当社特例子会社のビジネスプラス社員が、「令和元年度独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構理事長努力賞」を3年連続で受賞

りらいあコミュニケーションズ株式会社

From: PR TIMES

2019-10-01 11:40

 りらいあコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 網野孝、以下りらいあコミュニケーションズ) の特例子会社である株式会社ビジネスプラス(以下ビジネスプラス)の大蔵修司さんが、2019年9月11日に独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構理事長努力賞を受賞しました。



 この表彰は、9月の障がい者雇用支援月間に、障がい者を積極的に多数雇用している事業所と障がい者の雇用促進と職業安定に著しく貢献した団体で、模範的職業人として長期勤続する障がい者個人に対して表彰するものです。大蔵さんは、新宿西清掃グループに所属、今年で勤続11年となります。新人障がい者スタッフに対して仕事の心構えを指導する際や、お客様企業の担当者との打ち合わせの際などにリーダーシップを発揮しています。その活躍が評価され、今回の受賞に至りました。なお、ビジネスプラスの障がい者スタッフは、3年連続でこの賞を受賞しております。

 授賞式の様子(前列一番左が大蔵修司さん)
[画像: (リンク ») ]


 ビジネスプラスは、障がい者のノーマライゼーション(障がい者と健常者が互いに区別されることなく、社会生活を共にすること)と自立支援を推進するために2002年に設立した特例子会社です。清掃業務やデータ入力業務、企業内カフェの運営の他、新しいサービスにも積極的に取組んでいます。2019年9月1日現在で439.0名*の障がい者が働いており、りらいあグループの実雇用率は10年以上にわたり法定雇用率を上回る高い水準を維持しています。スタッフの大多数は重度の知的障害を持っていますが、各自の得意分野を活かし、お互いのハンディキャップを補い合いながら活躍しています。

 りらいあグループは、今後も障がい者雇用の促進と安定した職場の提供、人材育成に取り組んでまいります。

*法定計算式によって算出

以上

【りらいあコミュニケーションズ株式会社について】
1987年設立の大手BPO(Business Process Outsourcing)サービス会社です。全国に30ヶ所以上のオペレーションセンターを配置し、グループ全体で約3万人のスタッフがコンタクトセンター、バックオフィス、対面営業支援、Webマーケティングなどの顧客接点周辺のBPOサービスに従事し、国内主要企業向けにサービスを提供しています。東証1部上場(証券コード:4708)。
(リンク »)

【問合せ先】
広報・IR室 岩本、宮坂
03-5351-7200(代表)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]