編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

スマホでできる精子セルフチェック『Seem』Android版アプリの提供開始とキット価格変更のお知らせ

株式会社リクルートライフスタイル

From: PR TIMES

2019-10-01 11:40



[画像1: (リンク ») ]

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)が運営する、スマホでできる精子セルフチェック『Seem』(シーム)は、本日2019年10月1日(火)より、Android版アプリの提供を開始しました。
また同時に、「Seemキット」の価格を変更いたしましたのでご報告いたします。
『Seem』Webサイト: (リンク »)


背景と新価格について
スマホでできる精子セルフチェック『Seem』(シーム)は、2016年11月にiOSアプリをリリースし、Webサイトや家電量販店でキットの販売を開始しました。その後、ドラッグストアや薬局などでの取り扱いも増え、サービス開始以来毎年約300%の事業成長を続けています。これまでの約3年間で多くの方に『Seem』をお使いいただき、「『Seem』の利用をきっかけにクリニックを受診し、男性不妊症が分かった」「妊活の始めに精子の状態を確認できたことで、夫婦で前向きに取り組めるようになった」という声を頂いております。
不妊の原因の約半分は男性にあります(※1)が、このことを知っている男性は半数以下です(※2)。このたび、より多くの男性に『Seem』をお使いいただき、子どもを望む早い段階で自分の精子の状態を把握することで、女性だけでなく男性も主体的に一緒に取り組む「ふたりの妊活」をより広めていきたいという期待を込めて、Android版アプリの提供開始と、「Seemキット」の価格変更を行いました。
(※1)WHO報告 (※2)不妊に関する調査2018年7月 リクルートライフスタイル調べ)

【Android版アプリ 提供開始日】2019年10月1日(火)
【『Seem』アプリAndroid版】
(リンク »)

【価格改定実施日】2019年10月1日(火)
【新価格】3,980円(税込)


『Seem』製品概要
<『Seem』の特徴>
●アプリが精液を解析し、その場ですぐに精子の濃度や運動率が測定できる
●「Seemキット」と専用アプリだけで、すぐに利用できる
●精子の状態は体調や環境などの影響で大きく変化するため、複数回の測定結果における平均値やグラフ表示により、精子の状態の傾向を確認することができる

<「Seemキット」>
価格:3,980円 (税込)
内容:スマートフォン顕微鏡レンズ/精液採取用カップ/採取棒/測定チケット
※いずれも測定1回分となります

販売先:『Seem』Webサイトでご確認ください
(リンク »)
[画像2: (リンク ») ]


<『Seem』アプリ>
App Store(iOS版)
(リンク »)
Google Play Store(Android版)
(リンク »)

※『Seem』は精液簡易チェックツールであり、医療機器ではありません。測定結果は医療機関の診断に代わるものではなく、また確定的な診断を行うものでもありません。そのため、必要に応じて医療機関を受診することをおすすめいたします。


▼リクルートライフスタイルについて
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]