編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

難しい事業計画書をたった10分でできる!200名以上が事前登録した『クラウド事業計画書 Scheeme(スキーム)』がβ版リリース!

株式会社Dynave

From: PR TIMES

2019-10-01 10:00

株式会社Dynave(ダイナブ、石川県金沢市、代表取締役 杉守一樹)は、2019年10月1日より、起業時や創業融資を受ける際に必要な事業計画書をWeb上で作成することができる『クラウド事業計画書 Scheeme(スキーム)』をβ版として提供開始しました。



Scheeme: (リンク »)
[画像1: (リンク ») ]


■クラウド事業計画書 Scheeme(スキーム)とは
起業時や創業融資を受ける際に必要な事業計画書や収支計画・資金繰り表などの書類をWeb上で作成することができるサービスです。


創業期に利用したかった資金調達方法の第一位が「金融機関からの借り入れ」に対して、根拠に基づいた事業計画書や収支・資金計画を考えることの難しさ、複数の書類準備しなければいけないといった煩雑さ、融資審査のポイントの不透明さから銀行融資を実行できている人は19%にとどまっているといった現状があります。

Scheemeでは事業計画書や収支・資金計画といった起業の準備を専門家に頼ることなくガイドに沿ってカンタンに行うことができます。書類の作成機能以外にも、起業時に必要な業者への見積依頼や開業届けの作成といった起業準備も可能です。
[画像2: (リンク ») ]



[画像3: (リンク ») ]



■ 今後の展開
Scheemeは、事業計画書を作るだけのサービスではありません。

今後、金融機関や会計・人事労務・求人サイトなどのWebサービスと連携を図り、起業時に抱える課題をワンストップで解決することができる「起業クラウドサービス」として開発・カイゼンしていきます。

挑戦と自己実現に全力で称賛を送れる社会を創るとともに、日本の開業率を欧米と同水準の10%まで底上げしたいと思います。


■ 会社概要
会社名:株式会社Dynave(ダイナブ)
所在地:石川県金沢市武蔵町14-31 ITビジネスプラザ武蔵502
設立日:2016年9月1日
代表者:杉守 一樹
事業内容:クラウド事業計画書 Scheemeの開発・運営


■ サービス概要
名称:Scheeme(スキーム)
概要:クラウド上で起業・融資に適した事業計画書を作る事ができるWebサービス
URL: (リンク »)


■ メディアサイト概要
名称:事業計画書メディア - スキームマグ
概要:事業計画書のテンプレートや書き方など創業/独立/融資に役立つ情報サイト
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]