編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

iYell株式会社、総額16.5億円の資金調達を実施、累計調達額は23.1億円に

iYell株式会社

From: PR TIMES

2019-10-01 13:40

~iYell住宅ローンプラットフォーム構築の加速化~

iYell株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:窪田光洋、以下「iYell」)は、横浜銀行株式会社、株式会社南都銀行等の全国の地方銀行や野村不動産ホールディングス株式会社、三菱地所株式会社等の大手不動産会社を引受先とした25社から第三者割当増資等により資金調達を実施したことをお知らせします。このたびの調達により累計調達額は約23.1億円になります。
※上記にはファンドからの出資を含む



《 背景 》
近年、マイナス金利の影響により住宅販売件数及び金融機関の住宅ローン取り扱い件数が増加しています。
そのため金融機関は案件数増加により多くの人員を必要としていますが、マイナス金利により収益性は低下するため、効率的な業務改善を迫られています。一方で住宅事業者は本業ではない住宅ローン斡旋業務に多くの工数がかかってしまっているのが現状です。

iYellは「国内最大の住宅ローンテックベンチャー」を標榜し、日本最大の住宅ローンのマーケットプレイスを軸とした「iYell住宅ローンプラットフォーム」を構築しています。この「iYell住宅ローンプラットフォーム」を活用し、金融機関・住宅事業者・エンドユーザーが抱える住宅ローンの課題を同時に解決することができます。
現在では、「iYell住宅ローンプラットフォーム」参画企業数として、住宅事業者・不動産会社1353社、金融機関14社が参画しています。また「iYell住宅ローンプラットフォーム」上でのGTVとして333億円が流通しています。これは第二地方銀行の住宅ローン取引額の平均値と同等規模です。

今回、住宅ローンプラットフォーム構築をより加速化するために、横浜銀行、福岡銀行をはじめとした全国の地方銀行や、野村不動産ホールディングス株式会社、三菱地所株式会社等の大手住宅事業者との資本業務提携を行いました。

このたび調達した資金は、メインサービスである「いえーる ダンドリ」( (リンク ») )の提携先拡大のためのキャンペーン施策の費用、及び人材への投資を行い、「いえーる ダンドリ」の顧客基盤をさらに拡大していきます。

「いえーる ダンドリ」は、住宅ローン手続きの一括管理機能を拡充させており、住宅事業者・ユーザーとの「三者間チャット機能」や住宅購入までのタスクを見える化する「タスク・スケジュール管理機能」があります。2019年冬には住宅ローンに関する質問に自動で回答する住宅ローン特化型AIチャットボットの搭載を予定しています。これらの機能により煩雑で時間や手間がかかる住宅ローンの業務を削減することが可能です。
「いえーる ダンドリ」は住宅ローン業務の効率化を図るだけではなく、今後、住宅購入からその後の暮らしをサポートする、“住生活サポートサービス”を目指していきます。

《 主な引受先 》
[画像: (リンク ») ]



《 引受先一覧 》
―金融機関―

ナントCVC2号投資事業有限責任組合 無限責任組合員 株式会社ベンチャーラボインベストメント
静岡キャピタル7号投資事業有限責任組合 無限責任組合員 静岡キャピタル株式会社
岩手新事業創造ファンド2号投資事業有限責任組合 無限責任組合員 いわぎん事業創造キャピタル株式会社
FFGベンチャー投資事業有限責任組合第1号 無限責任組合員 株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ
きぼう投資事業有限責任組合 無限責任組合員 横浜キャピタル株式会社
ひまわりG4号投資事業有限責任組合 無限責任組合員 ちばぎんキャピタル株式会社
山梨中銀地方創生投資事業有限責任組合  無限責任組合員 山梨中銀経営コンサルティング株式会社
SI創業応援ファンド投資事業有限責任組合 無限責任組合員 池田泉州キャピタル株式会社
SBI AI&Blockchain 投資事業有限責任組合 無限責任組合員 SBIインベストメント株式会社
株式会社クレディセゾン
アルヒ株式会社
日本モーゲージサービス株式会社


―事業会社・VC―

NREGイノベーション1号投資事業有限責任組合 無限責任組合員NNコーポレートキャピタル株式会社(野村不動産ホールディングス株式会社CVC)
三菱地所株式会社
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
株式会社ウエストホールディングス
Global Catalyst Partners Japan投資事業有限責任組合
その他8社



《 投資家からのコメント 》
ー ナントCVC2号投資事業有限責任組合 ー(株式会社南都銀行,株式会社ベンチャーラボインベストメント)
住宅ローンのプラットフォームという新しく広がりのある事業であり、不動産事業者様、住宅ローンご利用のお客様、金融機関にとって最適なソリューションになると確信しております。出資企業各社様との事業展開に期待するとともに、当ファンドも更なる成長のため支援させていただきます。

― 静岡銀行キャピタル ―
御社のビジネスモデルは、効率化が課題となっている住宅ローン業務において、テクノロジーにより課題解決をもたらす取組であり、金融機関のみならず不動産業界、エンドユーザー全てにメリットをもたらす点から、大きな社会的意義を有していると考えております。御社のビジネスの成長と拡大を期待しております。

ー いわぎん事業創造キャピタル株式会社 ー
今回の出資は、貴社の「住宅ローンプラットフォーム事業」が、将来的には十分成長することが期待できると判断し決定致しました。今後は、各都道府県において地方銀行との提携を進めながら、早期に貴社のビジネスモデルが、全国展開されることを期待しています。

― 株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ ―
金融機関が抱える住宅ローンの課題を適切に把握されており、課題解決および住宅ローンにおける新しいビジネスの構築に向けて、協力して取り組んでいけるパートナーとして非常に期待しております。住宅ローンに関わる全ての方にとってより良い環境を一緒に作っていきましょう。

― 横浜キャピタル株式会社 ―
これまでになかった住宅ローン業務における各種課題を解決する貴社のビジネスモデル、「日本一働きやすいベンチャー企業」を目指す企業風土に、非常に魅力を感じております。
これからも住宅ローンテックベンチャー企業として、自宅を購入したいすべての人に「最適な住宅ローン」を提供していくことを期待しております。

ー ちばぎんキャピタル株式会社 ー
iYellが取組んでいる「いえーるダンドリ」はまさに、不動産業者及び建設業者の業務効率化と今後の働き方改革法に有効なサービスであると考えております。このサービスがまずは日本国内に新しい文化として確立できるよう、さらに邁進して頂きたいと願っております。

― 山梨中銀経営コンサルティング株式会社 ―
貴社の提供する住宅ローンプラットフォームは革新的なサービスであり、住宅ローン市場の活性化を通して地域経済の発展への貢献を期待しています。
資金面での支援を行うとともに、今後は同社の成長発展に向けて積極的に各種ハンズオン支援を行ってまいります。

― SBIイベントメント株式会社 ―
前回ラウンドに引き続き、今ラウンドのリード投資家として追加出資させて頂きました。
iYell社は巨大市場ながらもまだまだテクノロジー化が十分ではない日本の住宅ローン市場のテクノロジー化にチャレンジしているベンチャーであり、「iYell住宅ローンプラットフォーム」を活用し、住宅事業者・不動産会社、住宅ローン利用者、金融機関など様々な関係者の課題解決支援を行い、顧客満足度の最大化に向け取り組んでいる点を高く評価しています。
SBIグループとしては引き続き弊社ファンドの投資家やSBIグループ各社との連携を通してiYell社の成長を支援させて頂きます。

ー 株式会社クレディセゾン ー
貴社の「住宅ローンプラットフォーム」は、幅広く顧客との接点を持ち、顧客満足度の向上に貢献できるものであり、また、近い将来、不動産売買の在り方を変えていくものと期待しております。弊社といたしましても、ビジネスパートナーとして、更なる成長に向けて支援させていただきます。

ー アルヒ株式会社 ー
御社が今後急速にユニークな住宅ローンプラットフォームを拡大していくことを期待しております。併せて、弊社としても戦略パートナーとして、住宅ローン送客に留まらずお客さまや金融機関、不動産事業者をつなぐマルチプラットフォームの構築に向けて協業していきたいと考えております。

ー NNコーポレートキャピタル株式会社(野村不動産ホールディングス株式会社CVC) ー
iYell様のサービス発展で、住宅を購入されるお客様の手続きが、よりストレスフリーになる世界が実現できると期待しています。

― 三菱地所株式会社―
資本参画を機に貴社との連携による弊社グループ事業の業務効率化を推進するとともに、住宅ローンテックを始めとする不動産テック領域での連携を深めることで、弊社サービスにおける顧客体験価値の最大化を目指して参りたいと考えております。

― 損害保険ジャパン日本興亜株式会社 ―
この度の貴社への資本参画によって、今後、不動産Tech分野において、新たな顧客体験を共に世の中に提供できることを心から楽しみにしています。
真にお客さまにとって素晴らしいと感じていただけるサービスや価値、体験を提供していくために、当社も、安心・安全・健康という側面で、最大限のご支援をさせていただきます。

ー 株式会社ウエストホールディングス ー
本件よりiYellグループとの関わりを持てたことを感謝申し上げます。「いえーる ダンドリ」の拡販を皮切りに、住宅ローンプラットフォームの価値向上、ひいてはiYellグループの価値向上の一助となれることを期待しております。窪田社長以下、皆様の前途を祝福いたします。

ー Global Catalyst Partners Japan ー
「不動産テックは、世界レベルで最も注目を集めている分野の一つです。iYellは、日本に於ける住宅ローンテックのリーディングベンチャーであり、今回の増資にご参加頂いた金融機関や不動産事業者等との提携を通じて、日本最大の住宅ローンプラットフォーマ―の地位を確立して欲しいと期待しています。加えて、ミッション・ビジョンの共有を重要視する企業文化も変わらず進化させて頂きたいと期待しています。」


《 会社概要 》
会社名:     iYell株式会社(The iYell Co,. Ltd)
代表者:     代表取締役社長兼CEO 窪田 光洋
本社所在地:  東京都渋谷区道玄坂2-16-8 道玄坂坂本ビル7階
設立日:     2016年5月12日
資本金:     17億円(資本準備金含む)
コーポレートサイト: (リンク »)
採用サイト:     (リンク »)
公式ブログ:     (リンク »)

《 提供サービス 》
・住宅ローンの窓口 ONLINE: (リンク »)
・住宅ローンの窓口 ONLINE すみかる住生活版: (リンク »)
・いえーる 住宅ローンAR: (リンク »)
・いえーる ダンドリ : (リンク »)
・いえーる ダンドリ iOS: (リンク »)
・いえーる ダンドリ Android: (リンク »)
・いえーる コンシェル: (リンク »)
・いえーる コンシェル 不動産投資版: (リンク »)
・いえーる 住宅研究所: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]