編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

小型乗用車「ブーン」「トール」にお買い得な特別仕様車を設定

ダイハツ工業株式会社

From: PR TIMES

2019-10-01 13:40



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

ダイハツ工業(株)(以下ダイハツ)は、小型乗用車「ブーン」「トール」に特別仕様車を設定し、10月1日(火)から全国一斉に発売する。

「ブーン」はダイハツが軽自動車で培ってきた技術やノウハウを展開したコンパクトカーで、2004年に初代、2016年に現行モデルとなる3代目を発売、2018年には丸みを持たせたキュートなデザインが特長の新グレード「ブーン スタイル」を設定した。
今回設定した特別仕様車「スタイル“ホワイトリミテッドSAIII”」「スタイル“ブラックリミテッドSAIII”」は、ベースグレードとなる「スタイル“SAIII”」に対し、ホワイトと、これまで「ブーン シルク」のみに設定されていたブラックのルーフカラーによる2トーン仕様とし、お客様の選択の幅を広げた。さらに、ホワイト/ブラックルーフに対応した内外装加飾に加え、パノラマモニター※1やLEDフォグランプ、スーパーUV&IRカットガラス※2などを特別装備した。

「トール」は「家族とのつながり」をキーワードとして、「子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー」を目指して開発し、2016年11月に発売した。
今回は特別仕様車として「G“リミテッドIISAIII”」「カスタムG“リミテッドIISAIII”」を設定。パノラマモニター※1やコンフォータブルパック、カスタム仕様の内装加飾を標準装備した従来のリミテッドシリーズに対し、両グレードにトップシェイドガラス/メッキアウターハンドル、加えて「G“リミテッドIISAIII”」にはLEDヘッドランプを特別装備するとともに、通常カスタムでしか選べない2トーンカラー※3を選択可能としたことで、上質感を高めた。

いずれもベースグレードに対しお買い得な設定となっており、お客様の選択の幅を広げる特別仕様車となっている。

ダイハツは“Light you up”の考え方のもと、これからもお客様一人ひとりに最適なモビリティを提供し、軽自動車と小型車の幅広いスモールカーラインナップで、お客様のニーズにお応えしていく。

※1パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックとして特別装備
※2フロントドアはスーパーUV&IRカット機能付、リヤドア/リヤクォーターはスーパーUVカット機能付スモークドガラス
※3特別設定メーカーオプション

*特別仕様車の概要*
<ブーン>
[画像3: (リンク ») ]


<トール>
[画像4: (リンク ») ]



*特別仕様車 メーカー希望小売価格*(消費税込み(10%))
<ブーン> 価格帯:1,199,000円~1,926,100円
[画像5: (リンク ») ]


<トール> 価格帯:1,490,500円~2,106,500円
[画像6: (リンク ») ]

※4:Naturally aspirated engine(自然吸気エンジン)
☆:画像掲載

お客様からのお問合せについては、最寄りのダイハツ販売会社または、ダイハツお客様コールセンター(Tel 0800-500-0182)にお願いいたします。
以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]