編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

チームラボボーダレス、ミュージアム内でペットボトルの販売を廃止。オリジナルのアルミボトルの水を販売開始。

チームラボ

From: PR TIMES

2019-10-01 13:40

アート集団チームラボの東京・お台場のミュージアム「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」(以下、チームラボボーダレス)は、自動販売機で扱うことができるアルミボトルのオリジナルの水を開発し、販売を開始しました。
そのことで、ミュージアム内の自動販売機におけるペットボトルの水の販売を廃止でき、館内のペットボトルの販売を全面廃止しました。



熱を伝えやすくて錆びにくいという性質を持つアルミニウムは、よく冷え、中味の品質を長期間守ります。また、回収後も、その素材の特性を失うことなく、ほぼ100%再利用可能なため、省資源にもつながります。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



2018年6月に開館したチームラボボーダレスは、境界なくつながる作品群による1つの世界を、さまよい、探索し、発見する《地図のないミュージアム》です。開館から1年で、世界160以上の国と地域から約230万人が来館しました。single-artist museums(単独のアーティストの美術館)としては、アムステルダムのゴッホ美術館(216万1160人)を上回る、世界最大規模の年間来館者数(※1)です。

また、チームラボボーダレスは、世界の最も優れた文化的施設に贈られる、第25回ティア・アワード「アウトスタンディング・アチーブメント賞」(2019年4月)を受賞、更に、国際的なニュース雑誌TIME誌の「World's Greatest Places 2019(世界で最も素晴らしい場所 2019年度版)」に選ばれました。2019年11月5日には、上海・黄浦濱江に、巧みに入り組んだ複雑で立体的な巨大ミュージアム「teamLab Borderless Shanghai」が新たに開館します。

公式URL: (リンク »)
ハイライト動画:
[動画: (リンク ») ]


----------------------
※1 ”THE ART NEWSPAPER SPECIAL REPORT Art’s Most Popular: Exhibition and museum visitor figures 2018” The Art Newspaper. Number 311, April 2019.

【概要】
森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス
#チームラボボーダレス #teamLabBorderless
場所:東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン 2階)
時間:平日 10:00 - 19:00、土日祝 10:00 - 21:00
休館日:第2・第4火曜日
料金:大人(15歳以上)3,200円、小人(4~14歳)1,000円、障がい者割引 1,600円

【チームラボとは】
アートコレクティブ。2001年から国際的に活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、デザイン、そして自然界の交差点を模索している学際的な集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。

チームラボは、アートによって、人間と自然、そして自分と世界との新しい関係を模索したいと思っている。デジタルテクノロジーは、物質からアートを解放し、境界を超えることを可能にした。私たちは、自分たちと自然の間に、そして、自分と世界との間に境界はないと考えている。お互いはお互いの中に存在している。全ては、長い長い時の、境界のない生命の連続性の上に危うく奇跡的に存在する。

ニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポール、シリコンバレー、北京、台北、メルボルンなど世界各地で常設展およびアート展を開催。東京・お台場に《地図のないミュージアム》「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」を常設。2020年秋まで東京・豊洲に《水に入るミュージアム》「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」、2019年11月4日まで九州・武雄温泉の御船山楽園にて「チームラボ かみさまがすまう森 - earth music&ecology」を開催中。2019年11月5日に、上海・黄浦濱江に新ミュージアム「teamLab Borderless Shanghai」を開館。

チームラボの作品は、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(シドニー)、南オーストラリア州立美術館(アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(メルボルン)、アモス・レックス(ヘルシンキ)に永久収蔵されている。

teamLab is represented by Pace Gallery.

チームラボ: (リンク »)
Instagram: (リンク »)
Facebook: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
YouTube: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]