編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

未来にメッセージを届けるアプリ OMOIDE、10月1日よりApp Store と Google Playで配信開始

おもいで株式会社

From: PR TIMES

2019-10-01 18:40

早期登録者には限定特典を提供

おもいで株式会社は、SNSのような手軽さで未来にメッセージを届けることができるアプリ OMOIDE の一般提供を、2019年10月1日(火)より開始しました。利用希望者はApp StoreまたはGoogle Playからアプリを無償でダウンロードして利用することができます。



未来にメッセージを届けるサービス OMOIDE を提供する、おもいで株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:奥野和弘)は、2019年10月1日(火)より同アプリの一般提供を開始しました。

OMOIDE はSNSのように簡単に画像や動画付きのメッセージを作成し、未来の家族や大切な人に届けることのできるアプリで、今回一般提供されるのはフリー版です。利用したい人はApp StoreもしくはGoogle Playからアプリを無償でダウンロードして利用することができます。フリー版では次の機能が提供されます。


無制限に宛先を登録する
画像付きメッセージを作成する
作成したメッセージを5年以内の未来に日付を指定して送信する


OMOIDE でメッセージを送信するためにはチケットが必要となり、フリー版ではインストール時に5枚のチケットが付与されるほか、毎月、その月のみ有効なチケットが2枚付与されます。

また、一般リリースを記念して、2019年10月10日(木)までに OMOIDE のダウンロードと登録を完了したユーザーには、後日、20年先までの未来にメッセージを送ることのできる特別なチケットがもれなく付与されるキャンペーンも実施しています。

OMOIDE は今年の1月からβサービスを提供していました。おもいで株式会社代表取締役社長の奥野は一般提供に際して次の様に述べています。「OMOIDE はβサービス期間を通してすでに多くの方にご利用いただいていましたが、今回の一般提供によって、より簡単に、より多くの人にご利用いただけるようになることを嬉しく思っています。リリースに向けて熱心に働いてきたチームと、継続的に応援してくれたサポーターのみなさんに感謝します。今回の一般提供をスタート地点として、みなさんに喜ばれるアプリとなれるよう、OMOIDE の機能を今後も強化していく予定です」。

おもいで株式会社では、さらに機能を強化した OMOIDE の有償版を2020年以降に提供する予定です。
[画像: (リンク ») ]



<関連URL>
OMOIDE公式サイト: (リンク »)
Facebook : (リンク »)
Twitter : (リンク »)
App Store : (リンク »)
Google Play : (リンク »)


※App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。Google Play および Google Play ロゴは Google LLC の商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]