編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ビッグデータ可視化ツール「BIGDAT@Viewer」バージョン2.0販売開始のお知らせ

サイバネットシステム

From: PR TIMES

2019-10-01 15:31

大規模&高次元データをそのまま使い、多様な角度から分析・把握できる可視化ツール、IoTデータを活用したトラブルの予兆監視も可能に!

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:安江 令子、以下「サイバネット」)は、当社が開発・販売するビッグデータ可視化ツール「BIGDAT@Viewer」(ビッグデータビューアー)の最新バージョン2.0を2019年10月1日から販売開始することをお知らせいたします。



---------------------------------------------------------------
BIGDAT@Viewerとは:
・統計解析や多変量解析などの高度な専門知識がなくても、簡単な操作でビッグデータを可視化
・大規模かつ高次元データから、バイアス無しでそのままマップ作成
・データの全体像やデータ間の類似性、関連性を直感的に把握可能
・仮説立案や詳細分析、新製品・サービス開発につながる0次分析※1が可能
[画像1: (リンク ») ]

---------------------------------------------------------------

■バージョン2.0での新たな機能

・機器の稼働状態の監視:過去データからの変化をすばやく発見、対策が可能に
既存の分析済マップ上にリアルタイムにデータを重ねていくことで、機器の状態の変化を読み取り、障害が発生する前に対策を講じることができます。
従来のバージョンでは、新たなデータを追加するにはマップの作り直しが必要でしたが、2.0からは分析済みのマップに、そのまま上書きプロットできるようになりました。さらに、一定周期で自動的にデータを読み込み、プロットさせることも可能です。マップ作成にかかる時間が大幅に短縮されるため、異常をいち早く察知できます。
[画像2: (リンク ») ]



・予兆監視:トラブルの予兆をリアルタイムで監視可能に
障害の発生率の高い領域や正常稼働領域に、判定エリアを設定できるようになりました。設定した領域内、又は領域外に新たなプロットが発生した際に、自動的に警告を出すことができます。マップの判定エリア設定機能と組み合わせることで、実験データ、環境データ、生産機器のセンサーデータなど様々なIoTデータを活用したトラブル予兆監視も可能になります。さらに、他の運用監視システムとの連携も可能です。
[画像3: (リンク ») ]


・今後の展望
今後、BIGDAT@Viewer バージョン2.0を使った予兆監視の初期導入から、複数のラインや全国の工場に展開するまでのコンサルティングなどをセットにしたIoTモニタリングパックもリリース予定です。大規模施設にも対応したライセンス形態での提供を予定しています。


BIGDAT@Viewer の詳細については、下記Web サイトをご覧ください。
(リンク »)

----------------------------------------------------------
【注釈】
※1:0次分析:仮説立案後に実施される分析(1次分析)の前に行う分析。0次分析では、収集されたビッグデータをBIGDAT@Viewerでそのまま可視化(マップ化)し、誰もがデータの特徴や傾向を一目で把握できる。それにより、従来データサイエンティストが行っていたノイズデータの見分けや分析軸の決定・仮説立案が、分析の専門技術を持たない業務担当者でも可能になる。
----------------------------------------------------------

【サイバネットについて】
サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるITソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
(リンク »)

※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標および登録商標です。

----------------------------------------------------------
本件に関するお問い合わせ先:サイバネットシステム株式会社
----------------------------------------------------------
■内容および製品の取り扱いについて
IoT推進部/丹治
TEL:03-5297-3076 E-MAIL:bigdata@cybernet.co.jp

■報道の方は
コーポレートマーケティング部/新留
TEL:03-5297-3094 E-MAIL:prdreq@cybernet.co.jp

■投資家の方は
経営企画・IR部/目黒
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp
----------------------------------------------------------

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]