編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

agefarre 2019オフィシャルアンセムソング「TANZANITE」リリース決定!

(株)スターミュージック・エンタテインメント

From: PR TIMES

2019-10-02 07:40

日本のトランスシーンを牽引するレジェンド 「DJ DRAGON」と「Ken Plus Ichiro a.k.a NISH」が贈るファン待望の最新曲!



[画像1: (リンク ») ]

2006年に幕を閉じた伝説的スーパークラブvelfarreと、日本を代表するエンターテイメントスペース新木場ageHaがコラボレーションする、年に一度のモンスターパーティー"agefarre"(アゲファーレ)が、今年も10月13日(日)に開催決定!
壮大なスケールで贈る圧倒的な世界観、アーティストとクラウドによる唯一無二の一体感、そして多彩なサブフロアで構成される当イベントは、まさにダンスミュージックの一大祭典!
新たな記憶と記録を更新し続ける、伝説的パーティーのオフィシャルソングを、当イベントのRESIDENT (レジデント) DJ DRAGONとKen Plus Ichiro a.k.a NISHが担当。

トランスファン待望のモンスターイベントを目前に、ニューシングル「Tanzanite」が一足早く9月30日(月)にリリースする。

▼各種音楽配信サイトはこちら▼
(リンク »)

▼YouTubeはこちら▼
[動画: (リンク ») ]



アーティスト : DJ DRAGON & Ken Plus Ichiro a.k.a. NISH
タイトル : Tanzanite
リリース : 2019年9月30日 (月)
価格 : 250 円
ジャンル : DANCE
形態 : 配信限定シングル

01. Tanzanite - DJ DRAGON & Ken Plus Ichiro a.k.a.NISH

-----------------------------------------------------------------------------------------

【DJ DRAGON プロフィール】
[画像2: (リンク ») ]

1988年よりDJを始め国内外数多くのクラブ、イベントに出演する。MCを使ったライブ感溢れるプレイで独自のDJスタイルを確立。2017年、2018年には夏には1万人規模の野外フェスSANCTUARYを主催。2016年DJ MAGJAPANTOP100 DJs日本人DJ代表として選出される。これまで人気イベントMIMOSA、六本木ヴェルファーレCyberTRANCEのレジデントDJなどで活躍。2002年日本韓国共同開催サッカーW杯では国立競技場に集まった3万人のサポーターをひとつにした。THE BOOMの代表曲である島唄REMIXはサポーターアンセムとなっている。日本を代表する音楽プロデューサー小室哲哉にその才能を認められプロデューサーユニットtatsumakiを結成、数多くのアーティストプロデュース、REMIXを制作。安室奈美恵、華原朋美などが参加した、「TKPresents Groove Museum」中国、韓国、台湾、香港のアジアツアーにDJ参加、その後テクノトランスユニット「GABALL」を結成、現在BLACK JAXX(武田真治、ドラゴン)でDJ&MCを担当。FIREWORK DJSとしてメジャーアーティストのプロデュースしている。BACKSTREET BOYSのNICK CARTER、中川翔子、D-DATEのLIVE DJ担当。DJ現場主義にこだわりを持ち数多くのクラブでレギュラー出演している。また、ラジオナビゲーターとしても、J-WAVE(現在はDJMIX提供,BAY FM,FM FUJI,REDIO BERRYなどで活躍している。2013年からはアパレルブランドHARD BIRDの企画デザインを担当している。


-----------------------------------------------------------------------------------------

【Ken Plus Ichiro a.k.a.NISH プロフィール】
[画像3: (リンク ») ]


1998年イギリス ALIEN TRAXからNISH名義でのデビューを皮切りに、国内、海外のダンスレーベルから100曲を超えるトラックを次々と発表し続けるプロデューサー兼DJ。
2001年にはUKの「WAX Magazine」誌においてBest New Comerを受賞。03年に発表した2ndアルバム「EUPHORIDE」は国内のみならず、海外ではTIDY TRAXから独占販売され話題となる。04年には自身のレーベル『HARDERGROUND RECORDINGS』を立ち上げ、16枚のシングルと3枚のアルバムを発表。初のライブ・レコーディングとなった3rdアルバム「RAVERAID -LIVE @ ULTRA PUMPIN'-」はNISHの人気を決定付けた名盤として語られている。更に06年には国内外のトップアーティスト達とのコラボレーション・アルバム 「HARDERGROUND CONNECTIONS」、08年には「HARDERGROUND CONNECTIONS 2」をリリース。その中で一際注目された「BLUE SUNSHINE」は、日本のみならずヨーロッパのレーベルにも数多くライセンスされ世界中のクラウド達を興奮させることとなった。また、そのSEAN TYASによるREMIXは、Tiesto、Armin、Ferry Corstenらの各ラジオショーでON AIRされ、多数のチャートで1位を獲得するという快挙を成し遂げた。

2011年には、新たなプロジェクト「Ken Plus Ichiro」名義での活動をスタート。プログレッシブ・トランスを主軸にしたファーストシングル「Progression」はAmplified Digitalからリリースされ、Markus SchulzやRank1などのアーティストらのサポートを受けたことで世界中にその名を知らしめた。2013年からAfterworld Recordingsに数多くのオリジナル/リミックスを提供。代表作としてZiRENZ & SQ - Viva Voce Opus9 - Pandora & Ken Plus Ichiro Remix , Pandora & Ken Plus Ichiro - Rise in the East, Ken Plus Ichiro - Everlasting Light, Ken Plus Ichiro - Dream Frontierや、Ken Plus Ichiro - Nu Tri Noなど、これらのトラックはMixmagのDJ TOP 100に幾度と名を連ねたエジプトのNo.1 DJ ALY & FILAのラジオショーでプレイされ、Future Sound WinnersやWonder of the Weekを獲得し話題となった。
国内においては、浜崎あゆみ、幸田來未、OVERHEAD CHAMPIONらのREMIX、Konamiのビート・マニアへの楽曲提供、またavexの野外フェスティバル「a-nation」のテーマ曲を手がけるなど、クラブシーンや音楽業界において確固たる地位を確立した。
DJ/LIVE PAアーティストとしても知られる彼は、UKのダンスフェスティバル「TIDY WEEKENDER」や「GIGA」等のビッグパーティーに加え、ハワイや、ドイツ・フランクフルトでのイベントへゲスト出演も果たしている。
Ken Plus Ichiroは制作/DJの両面から精力的に活動を続ける、日本を代表するテクノ/トランスのトータル・プロデューサーである。

【関連リンク】
●DJ DRAGON
Instagram: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

●Ken Plus Ichiro a.k.a.NISH
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

●HANABI RECORDINGS
Spotify: (リンク »)
Facebook: (リンク »)
YouTube: (リンク »)

●HANABI MEDIA
Instagram: (リンク »)
Twitter: (リンク »)

●Star Music Entertainment Inc.
HP: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

【お問い合わせ】
株式会社スターミュージック・エンタテインメント
TEL: 03-6809-0871 / Fax: 03-6809-0872
MAIL: info@starmusic.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]