編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

【3世代で楽しめるラージボール卓球】大江戸温泉物語×Nittakuとのコラボ!温泉卓球の新提案!ラージボール卓球体験キャンペーンを開催!

大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社

From: PR TIMES

2019-10-01 20:13

大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:森田満昌、以下大江戸温泉物語)は、2020年創業100周年を迎えるNittaku様と、ラージボール卓球の体験キャンペーンを全国各地の大江戸温泉物語各施設で10月1日から12月20日まで開催いたします。




3つの違いで3世代が楽しめるラージボール卓球体験キャンペーン

日本ではここ数年卓球人気が急上昇。そんな中、生涯スポーツとして、「ラージボール卓球」が新たなブームの兆しを見せています。温泉卓球に相性が良く「ラリーが続きやすいから楽しい」・「体力が落ちてきた人でも無理なくできて楽しい」・「シニア層・お子様も楽しめる」と幅広くお楽しみ頂けます。

[画像1: (リンク ») ]

大江戸温泉物語グループ公式サイトはこちら、 (リンク »)


~ラージボール卓球とは~

いつまでも健康でいてほしい。ラージボールの誕生は1988年。Nittakuは社会貢献の一環として、ラージボールの普及活動をしています。身体と頭脳を同時に使うので、脳の血流が促進されて、認知症予防にも効果が期待されています。大きくて軽いラージボールは初心者でも高齢者でもラリーが続き、全国各地でラージボール卓球の人口が増加の一途を辿っています。楽しみながらラリーが続く、卓球本来の魅力をお楽しみ頂けます。


【ラージボール卓球のポイント】


□魅力その1.:未経験でもトライしやすく、ラリーが続く

ボールを大きくしたのにはワケがあります。空気抵抗を大きくしてボールのスピードを落とすためです。そして、視力が低い人にも見やすいという利点があります。同時に表面がつぶつぶの専用ラケットを使うことで、ボールに回転がかかりにくくなります。未経験者でも打ちやすく、ラリーが続き、その分楽しみも長続きします。

□魅力その2.:無理せず健康維持ができる

ラージボール卓球は、健康スポーツ、生涯スポーツとして開発され、体力や年齢、技術、目的に合わせて無理のない範囲で運動ができること、また安全性の高さもメリットです。卓球をすることで、体力向上や 筋力低下予防はもちろん、脳内の血流がアップすることで、認知症予防や心筋梗塞予防にも役立つと言われております。

全国展開の大江戸温泉物語で、ラージボール卓球をお楽しみ頂けます。

[画像2: (リンク ») ]

*日帰り温浴施設・アミューズメント施設、及び、土肥マリンホテル、きのさきは対象外となります。

【会社概要】
■会社名 大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社
■所在地 〒103-0023
       東京都中央区日本橋本町1-9-4 ヒューリック日本橋本町一丁目ビル9階
■設立年月日 2017年12月5日(創業2001年11月)
■資本金 100,000千円(2019年2月28日時点)
■代表取締役 森田満昌
■事業内容 ホテル旅館温浴施設運営
■URL (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]