編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ハイエンドオーディオ カーナビ “サイバーナビ χシリーズ” 2機種を発売

パイオニア株式会社

From: PR TIMES

2019-10-02 11:40

~高音質技術と高音質パーツを用いて圧倒的なオーディオ性能を実現~



[画像1: (リンク ») ]

 パイオニアは、創業より培ってきた高音質技術と開発思想、最高品位の高音質パーツを採用したハイエンドオーディオ カーナビ“サイバーナビ χシリーズ” 2機種を発売します。

 本機は、ハイエンドカーオーディオ“カロッツェリアχ”で培ってきた音響技術や、ハイエンドホームオーディオ“TAD”※より継承した技術開発思想を基に、銅メッキシャーシなどによる徹底的なノイズコントロールに加え、静音化と制振化を追求し、音質にこだわり抜いた最高品位の高音質パーツを惜しみなく採用しています。また、音響技術者が本機の細部に至るまで徹底的に試聴とチューニングを繰り返すことで、微細な音も埋もれることなく、純粋無垢な原音再生を実現します。

カロッツェリア “サイバーナビ χシリーズ” 商品ページ : (リンク »)


[表: (リンク ») ]



【主な特長】
1) 銅メッキパーツを駆使したノイズコントロール
 本機は、カーナビ基板とオーディオ基板の間のノイズを徹底的に遮断するため、製品の側面と背面だけでなく、内部の中間シャーシにも銅メッキを使用しています。また、製品右側面へ集中的に銅メッキビスを使用し、オーディオブロックへ回り込まないようにノイズの流れをコントロールしています。さらに、背面のヒートシンクには銅メッキを使用し絶縁シートを加えることで、カーナビ基板とオーディオ基板のGNDシャーシ間にノイズが回り込まないようにするなど、徹底的かつ緻密にノイズをコントロールしています。


[画像2: (リンク ») ]


2) 静音化と制振化を追求した堅牢なシャーシ構造
 製品の背面に静音タイプのファンを採用し、固定用のビスを追加することで、騒音や振動が音にもたらす影響を徹底的に排除するとともに、振動そのものも抑制。加えて、製品背面の制振用T字スリットや要所に配置した銅メッキシャーシにより、高音質技術の基礎となる堅牢かつ振動に強いシャーシ構造を実現しています。
[画像3: (リンク ») ]

3) OFC(無酸素銅)を採用した高音質ケーブルを2種類同梱
 本機の再生能力を最大限に引き出すため、電源供給やスピーカー出力などの役割を担う電源ケーブルと、外部のパワーアンプへ音楽信号を伝送するAV入出力ケーブルにOFC(無酸素銅:Oxygen-Free Copper)を採用しています。また、端子の素材にこだわり、金メッキ処理を施すことで、安定した電源供給とロスを抑制した信号伝送を実現します。
[画像4: (リンク ») ]

4) 「MUSESシリーズ」のハイエンドオーディオ用オペアンプを搭載
 本機は、新日本無線社の「MUSESシリーズ」のハイエンドオーディオ用オペアンプを変換回路に採用し、理想的なI/V変換を実現しています。I/V変換回路には、バイアス電流の低いJ-FET入力タイプ「MUSES8920」をフロント/リア用に搭載することで、低雑音、高利得帯域、低歪率、高スルーレートを実現しています。また、LPF回路にはローノイズが特長の「MUSES8820」を搭載し、自然かつ豊かな音楽表現を可能にしています。
[画像5: (リンク ») ]

5) その他の特長
・“サイバーナビ χシリーズ”専用のフルカスタムオーディオ電源用アルミ電解コンデンサーを搭載
・高音質トロイダルコイルを搭載
・超低位相雑音特性のサウンドマスタークロック回路を搭載
・アナログオーディオ負電源にリップルフィルターを追加
・ハイレゾ音源再生(96kHz/24bit)に対応
・FLAC、WAV、ALACなどの多彩なファイルフォーマットに対応
・CD音源などの可聴帯域内に存在する量子化ノイズを除去するとともに、可聴帯域以上の音楽信号を復元させることで再生周波数帯域をハイレゾ音源に近づける「マスターサウンドリバイブ」を搭載
・デジタル信号処理演算時の音質劣化を防止する「フルタイム52 bit高性能トリプルコア浮動小数点DSP」を採用
・大幅な低ノイズフロア化、圧倒的なダイナミックレンジと優れた静粛性を実現するS/N比-123dBのバーブラウン社製「32bitアドバンスド・セグメント方式電流出力型D/Aコンバーター」を採用
・±0.5dB単位で調整可能な「チャンネル間独立 31バンドグラフィックイコライザー」を搭載
・各スピーカーまでの距離を最小0.35cm単位で調整できる「タイムアライメント」を搭載
・3ウェイマルチアンプ・マルチスピーカーシステムを構築する「ネットワークモード」を搭載
・追加費用なく最新の道路/地点データ情報に更新できる無料バージョンアップ最大3年分付

◆最新データバージョンアップ1年延長プレゼント◆
MapFanスマートメンバーズへ2021年4月30日までに新規入会すると、最新データバージョンアップ期間が、
最大3年から4年(2023年10月末まで)に延長されます。
詳細URL :  (リンク »)


※ 「TAD」について:  (リンク »)
※ 別売の「車種専用エキスパートチューニングSD」には非対応です。
※ AVIC-CQ910(-DC)/CL910(-DC)/CW910(-DC)/CZ910(-DC)に搭載のオンデマンド機能(ストリーミングビデオ、レコーダーアクセス)、「アクセスポイントモード」機能は搭載しておりません。

* MUSESシリーズは、新日本無線株式会社の商標または登録商標です。
* 当社は日本オーディオ協会のハイレゾ定義に準拠した製品にハイレゾロゴを冠して推奨しています。ハイレゾロゴは登録商標です。
* その他に記載されている会社および商品名などは、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

パイオニア株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]