編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

カロッツェリア ワイヤレスチャージングパッド「SDA-CP300」を発売

パイオニア株式会社

From: PR TIMES

2019-10-02 11:40

~ワイヤレス急速充電に対応し、車室内での使いやすさとデザイン性を両立~



[表: (リンク ») ]


 
[画像1: (リンク ») ]


 パイオニアは、車室内での使いやすさと安全性を追求し、スマートフォンを置くだけで手軽に急速充電できる車載用ワイヤレスチャージングパッド「SDA-CP300」を発売します。
 本機は、最大15 Wの急速充電が可能なワイヤレス充電規格「Qi(チー)」に対応しており、マルチコイル搭載による充電面積の広さやセーフティーフレーム仕様など、車室内における使いやすさとスマートなデザインを両立しています。
 当社は今後も、カーナビゲーションやカーオーディオ、ドライブレコーダーなどの車載機器に加え、カーライフの利便性を高めるカーアクセサリーのラインアップを拡充していきます。

カロッツェリア商品ページ: (リンク »)

【主な特長】
1) 最大15 Wの急速充電が可能なワイヤレス充電「Qi(チー)」に対応※1※2
 スマートフォンを置くだけで充電できるワイヤレス充電規格「Qi」に対応。充電のたびにケーブルを着脱することなくスマートな充電を実現し、電池切れの不安も大幅に軽減します。また、急速充電対応のスマートフォンは、最大15 Wの急速充電が可能です。


[画像2: (リンク ») ]

2) 車室内での使用に最適化された安全設計
・充電エリアのどこに置いても充電できるよう、高出力コイルを3つ搭載。ドライブ中でも目線を逸らすことなくスマートフォンを置いて充電できます。
[画像3: (リンク ») ]

・走行中の揺れでスマートフォンを傷つけることがないように、シリコン素材の「滑り止めパッド」を採用。また、ドライブ中の振動でも落下しにくい「セーフティーフレーム」も採用しています。

・過酷な車室内環境に対応する耐熱仕様(動作温度-10℃~+60℃)。

・スマートフォンケースを装着した状態の充電に対応※3。

3) 先進性を演出するスタイリッシュなデザイン

 給電中にブルーイルミネーションが点灯するなど、車室内と調和するスタイリッシュなデザイン。
[画像4: (リンク ») ]



※1 Qi規格に対応したスマートフォンのみワイヤレス充電が可能です。 ワイヤレス充電には対応しているが、急速充電非対応モデルについては最大出力5 Wになります。
※2 10 W以上の急速充電には、Qualcomm社の Quick Charge™2.0もしくは3.0に対応したUSBチャージャーが別途必要です。
※3 厚みがあるケースや金属製または金属プレートが入っているケース、磁気を帯びたクレジットカードなどは、充電前に取り外す必要があります。

* 「Qi」は Wireless Power Consortiumの登録商標です。
* Qualcomm(R) Quick Charge™は Qualcomm Technologies, Inc. の製品であり、Qualcomm 社は米国およびその他の国で登録されたクアルコムの商標です。Qualcomm(R) Quick Charge™はQualcomm 社の商標です。
* その他に記載されている会社および商品などは、各社の商標、または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

パイオニア株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]