編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ニュージーランド航空、2019年サステナビリティ・レポートを発表

ニュージーランド航空 日本地区

From: PR TIMES

2019-10-02 13:40

ニュージーランド航空は、過去1年間のサステナビリティに関する目標に対して進捗状況をまとめた、2019年サステナビリティ・レポートを発表しました。



本レポートでは、気候変動や二酸化炭素削減に加え、多様性や包括性の積極的理解、サステナブルな観光の支援、関係企業との協力、ゴミやプラスチックの削減など、主要なテーマを扱っています。

ニュージーランド航空 2019年サステナビリティ・レポートのハイライト


ニュージーランド航空の「FlyNeutralプログラム」を通じて、のべ18万人以上のお客様が自主的にカーボン・オフセットに寄与。これは、2018年に比べて40%増加。
ゲートでは機体を地上電力に接続することで、燃料2,500トン以上とCO2排出量8,000トン以上を削減。
女性の上級管理職は2018年の39%から、2019年は44%に増加。
400以上の絶滅危惧種の生物と保護犬を、環境保全省(DOC)へ輸送。
自然豊かなニュージーランドの観光地を結ぶニュージーランド航空の国内線をご利用いただいたお客様は571万人。 2018年の536万人から増加。
10月末までに、プラスチック製品5,500万個近くの使用を中止、または環境負荷が少ない代替品と交換予定。
機内の未開封アイテム120トン分は、廃棄せずに別のフライトに再投入し、活用。


ニュージーランド航空サステナビリティ担当責任者のリサ・ダニエルは、目標に対する進捗状況には満足しているが、まだ課題は山積していることを認識し、次のように述べています。

「私たちは高い努力目標を設定し、過去12か月間で目標に大きく近づくことができました。様々な取り組みの結果、大気中の二酸化炭素を15,000トン相当以上削減し、ネットワーク全体で5,500万個近くのプラスチック製品を削減しました。さらに、女性の上級管理職を44%に(2018年の39%から増加) 、そして各観光地を結ぶ国内線のご利用者数は前年より35万人増加しました」

「しかしながら、究極的には、『気候危機』がサステナビリティにおける最大の課題であり、私たちはこれに対応し続けます。CO2排出量を抑えるために、ニュージーランド航空はフライトの運用効率を高め、より近代的で燃料効率のよい機体への投資を続けていますが、この1年間でフライトによるCO2排出量を相殺するお客様が増えたことも嬉しく思います。 将来的には、より多くの法人のお客様が、フライトのカーボン・オフセットにお取り組み下さることを期待しています」

ニュージーランド航空2019年サステナビリティ・レポート(英文)は、ニュージーランド航空のウェブサイトでご覧いただけます。
(リンク »)

※本件は、2019年9月26日にニュージーランドで発表されている内容です。

[画像: (リンク ») ]


【ニュージーランド航空について】

ニュージーランド航空は、1940年に設立された国際航空会社です。ニュージーランド国内をはじめ、アジア太平洋を含む18ヶ国50都市以上への直行便を運航し、スターアライアンスに加盟しています。日本からニュージーランドへ直行便を運航する唯一の航空会社でもあります。ニュージーランド国内は玄関口のオークランドを中心に約20都市を結び、また、全日空とのコードシェア便により、日本各地からの乗り継ぎも便利です。同社は、AirlineRatings.comの「エアライン・オブ・ザ・イヤー」(2014年から5年連続)、「ベスト・プレミアム・エコノミー」(2014年から6年連続)や、2017年に新設されたトリップアドバイザー「トラベラーズチョイス™ 世界の人気エアライン」をはじめ、毎年数々の賞を受賞しており、安全性、定時性、サービスのクオリティ、環境への配慮など様々な面で高い評価を受けています。
公式ホームページ: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]