編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

2019年度グッドデザイン賞 ステージピアノ『CP88/CP73』、アコースティックギター『STORIA』、『SoundUD推進コンソーシアム』の3件が受賞

ヤマハ株式会社

From: PR TIMES

2019-10-02 14:09

ヤマハ株式会社(以下、当社)のステージピアノ『CP88/CP73』、アコースティックギター『STORIA』、そして当社が事務局を務める『SoundUD推進コンソーシアム』の3件が、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2019年度グッドデザイン賞」を受賞しました。



[画像1: (リンク ») ]

2017年のカジュアル管楽器「Venova™」(ヴェノーヴァ)の大賞受賞をはじめ、1957年(昭和32年)から合計288件の当社に関するデザインが「グッドデザイン賞」においてさまざまな賞を受賞してきました。いずれも、「INTEGRITY:本質を押さえたデザイン」「INNOVATIVE:革新的なデザイン」「AESTHETIC:美しいデザイン」「UNOBTRUSIVE:出しゃばらないデザイン」「SOCIAL RESPONSIBILITY:社会的責任を果たすデザイン」という5つの要素で構成されるヤマハ デザインフィロソフィーが具現化・具体化されたものです。


<ステージピアノ『CP88/CP73』(2019年3月発売)>

[画像2: (リンク ») ]

当社のライブパフォーマンス向けキーボード「CPシリーズ」のアイデンティティを受け継ぎ、これまで培った技術を結集し、発展させたステージピアノの最新モデルです。“本物”を感じさせるアコースティック、エレクトリックピアノのサウンド、演奏者の感性に応える鍵盤タッチ、そして直感的な操作を可能にするユーザーインターフェースが特徴で、堅牢性を保ちつつコンパクト化、軽量化された88鍵・73鍵の2モデルを揃えています。

(リンク »)


<アコースティックギター『STORIA』(2019年7月発売)>

[画像3: (リンク ») ]

ギターを弾いてみたい気持ちに寄り添い、ギターをもっと身近なものとして感じて頂けるよう演奏性やデザインを追求したアコースティックギターです。3つのモデルそれぞれ色味、塗装の質感が異なり個性的で、いずれもインテリアに馴染むデザインです。小ぶりの薄いボディ、短めの弦長、弾きやすい弦高、なめらかなネックエッジなど、徹底的に弾きやすさにこだわったこれからギターを始める人にも最適な新シリーズです。

(リンク »)


<『SoundUD推進コンソーシアム』(2017年10月設立)>

[画像4: (リンク ») ]

言語や聴力への不安がない社会づくりを実現することを目的に2017年10月に設立された、当社を事務局(会長:ヤマハ株式会社 執行役 飯塚朗)とするコンソーシアムです。現在では、自治体、交通機関、商業施設、エンターテインメント、競技場、放送など、業界を超えた300もの組織が参加し、「SoundUD™」※を活用した製品・サービスの開発・普及に協力して取り組むことで、「音のユニバーサルデザイン」の実現を目指しています。

(リンク »)

※ 音声や空間と連動してICT機器に情報を届けることを可能にするテクノロジーおよびプラットフォーム。「SoundUDトリガー」と呼ばれる技術を中核とし、音響通信、Bluetooth(R)、GPSなどの複数のテクノロジーを併用して通信を行うことを可能にします。「SoundUD」対応スポットでは、「おもてなしガイド」( (リンク ») )などの対応アプリを利用することで、その空間で必要となるさまざまな情報に簡単にアクセスすることができます。例えば、音声アナウンスの翻訳情報を手元のスマートフォンから文字で確認したり、検索することなく周辺の交通情報や関連情報にワンタップでアクセスしたりするといったことが可能となります。


<「2019年度 グッドデザイン賞」に関連する催事スケジュール>
10月31日(木)から11月4日(月・振休)まで、東京ミッドタウン内各所で開催される受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」において、本年度受賞デザインとして当社の受賞作品も紹介される予定です。詳細についてはグッドデザイン賞の公式ウェブサイトをご覧ください。

(リンク »)

※各展示の詳細や最新情報については、主催者発表の情報をご確認ください。


<ヤマハデザイン 公式サイト>
(リンク »)


ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
(リンク »)


※文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ヤマハ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]