編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

オールタイムサングラス(R) が「2019年度グッドデザイン賞」を受賞

株式会社乾レンズ 鯖江支店

From: PR TIMES

2019-10-02 14:00

株式会社乾レンズの「オールタイムサングラス(R)」が、このたび2019年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

株式会社乾レンズ(福井県鯖江市丸山町1-3-31 常務 諸井晴彦 TEL 0778-51-5447)の、常用できるサングラス=「オールタイムサングラス(R)」(2009年4月発売)が、10年目の節目に念願の受賞。
十万人以上の、目の健康を意識する中高年の快適な暮らしをサポートした功績が認められました。



[画像1: (リンク ») ]

□ 製品名称:オールタイムサングラス(R)                

[画像2: (リンク ») ]

□ 製品概要:
いつでもどこでも常用できる透明なレンズ(特許第4643233)でありながら、「紫外線」や眩しさを感じやすい「ブルーライト(太陽光・人口灯に含まれるエネルギーの強い光)」をカットする事で、オールタイム(いつでもどこでも)目を守るサングラスを開発。
フレームとレンズの性能を活かし目の健康を意識する中高年の快適な暮らしをサポートする。

□ プロデューサー:株式会社乾レンズ 鯖江支店 諸井晴彦

□ プロデューサーからのコメント:
2009年に発売した「目を守る」常用できるサングラスが、10年目の節目に認められました。嬉しい限りです。
ご購入いただいたお客様にも感謝しております。
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

□ グッドデザイン賞審査委員による評価コメント:
紫外線やブルーライトが目に与える悪影響は、日本においても多くの人々にとって共通認識となったといえる。 一方で、日本におけるサングラスの着用は、依然として一般的になったとはいえず、特に、仕事やフォーマルな場では避けられる傾向が強い。
透明でありながら紫外線やブルーライトをカットできる本製品は、そういった相反する状況の解決が可能であり、いつでもどこでも常用できる。
10年前からこのような問題提起と解決方法を提供し啓蒙し続けている点に評価が集まった。
白内障患者のように、サングラスの着用が必要な人々にとっても有効であることをはじめ、多くの人々にとって必要なことから、スタイルとしての今後の展開にも期待したい。
[画像5: (リンク ») ]



グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ (リンク »)
自社サイト    (リンク »)




グッドデザイン賞受賞展GOOD DESIGN EXHIBITION 2019出展します。
会期:10月31日(木)~11月4日(月・祝)
会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
(リンク »)




グッドデザイン賞とは
1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。
(リンク »)


[動画: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]