編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

旅慣れたダイヤモンド・プラチナ会員に愛されるプライベートリゾート「KANAYA RESORT HAKONE」が「一休Plus+」へ加盟

株式会社一休

From: PR TIMES

2019-10-02 15:40

「一休Plus+」への加盟で国内のオンライン旅行予約サイトでは『一休.com』のみ予約可能

高級ホテル・旅館の予約サイト『一休.com』( (リンク ») )を運営する株式会社一休(本社:東京都港区、代表取締役社長:榊 淳、以下一休)は、「KANAYA RESORT HAKONE」(神奈川/箱根 仙石原)が10月1日より「一休Plus+」に加盟したことをお知らせします。
※一休Plus+…いっきゅうぷらす。『一休.com』に掲載される宿の中でも特に上質で、国内インターネット専業宿泊予約サイトで『一休.com』のみご予約可能な宿。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


「KANAYA RESORT HAKONE」紹介ページ:  (リンク »)

「KANAYA RESORT HAKONE」は、鬼怒川金谷ホテルの創業者であるジョン・金谷鮮治(ジョン・カナヤ)の意思を込めたラグジュアリーホテルです。「ジョン・カナヤが愛した、森の別邸。」をコンセプトに、箱根・仙石原の6千5百坪の広大な森の中に立地する14室のプライベートリゾートとして『一休.com』でも人気を博しています。

2017年11月のオープン以来『一休.com』にご参画いただいており、クチコミ点数は2019年9月現在、5点満点中4.5点を上回る非常に人気の高いお宿の一つです。クチコミの中でもおもてなし、お食事を評価するユーザーが多く、項目別点数でも特に「接客・サービス」「食事」が高くなっております。

「KANAYA RESORT HAKONE」へご宿泊された一休会員は、会員の中でもご利用金額が多い「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」が半数以上を占めております。様々なお宿へのご宿泊の経験も豊かな、旅慣れたユーザーから高い評価を集めているといえます。

お食事は、「西洋膳所ジョンカナヤ麻布」の遺伝子を受け継いだ「お箸で食べるフレンチ」をいただけます。「西洋膳所JOHN KANAYA」は、ジョン金谷鮮治が自身の経営哲学である“和敬洋讃”(和を敬い、洋を讃える)を具現化したフレンチレストランで、東京都港区西麻布で2004年まで営業していました。その他にも、ラウンジ&バー「Salon De Loire」では夕食後のゆっくりとお酒を嗜むことができます。お宿の中で充実した「なにもしない贅沢」を味わっていただけます。


「KANAYA RESORT HAKONE」の紹介記事
「伝統とダンディズムが融合した森の別邸へ」(一休コンシェルジュ)※『一休.com』が運営するトラベルWEBマガジンです。
(リンク »)
お宿の空間、お部屋、お食事、テラス、ラウンジ&バーなどをたくさんの写真と文章でご紹介しており、「KANAYA RESORT HAKONE」へのご滞在をイメージいただける記事となっております。

※「一休.com会員ステージ」に関するご案内:  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]