編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

J.Scoreが「2019年度グッドデザイン賞」をダブル受賞

株式会社J.Score

From: PR TIMES

2019-10-02 15:40



2019年10月2日
株式会社J.Score

AIスコアを活用したFinTechサービスを提供する株式会社J.Score(代表取締役社長:大森 隆一郎、以下「J.Score」)は「2019年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を2部門受賞いたしました。

受賞対象名:ファイナンスアプリ「J.Score(ジェイスコア)」
カテゴリ:保険・金融サービス・システム

受賞対象名:信用力をスコア化する金融サービス「AIスコア・レンディング」
カテゴリ:ビジネスモデル
[画像: (リンク ») ]



「今後フリーランサーや複数企業で働く人々が増えていく未来において、与信をどのような基準で得ることができ、成長や未来のために必要な投資を受けられるのか?そのような問いに対して、新しい信用を価値化するチャレンジ・仕組みとしてのデザインである」と評価をいただきました。

またアプリにおいては、シンプルで丁寧なUI/UXと、 差別の固定化を防止するために、利用する個人データを制限したり、運動習慣、学習習慣 など基本的にはポジティブな面のみをプラス評価してスコア化する等の施策面を評価いただきました。

J.Scoreは今後も「AIスコア」を活用し、お客さまのライフスタイルに応じた様々な魅力的で便利なサービスを拡充してまいります。

■グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」に出展
本年10月31日(木)から5日間にわたり、東京ミッドタウンで開催される、最新のグッドデザイン全件が集まる受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」において、J.Scoreのサービスが特別展示で紹介されます。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2019 – 2019年度グッドデザイン賞受賞展 –
会期:10月31日(木)~11月4日(月・祝)
会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
(リンク »)

グッドデザイン賞とは
1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。
(リンク »)

                                                 以上

■株式会社J.Score 企業概要
社名:  株式会社J.Score(ジェイスコア)(英語表記:J.Score CO., LTD.)
設立日: 2016年11月1日
代表者: 代表取締役社長CEO  大森 隆一郎
     代表取締役副社長CFO 大庭 則一
資本金: 150億円(うち資本準備金75億円)(※)
     (※)株式会社みずほ銀行 50% ソフトバンク株式会社 50%
登録番号:関東財務局長(1)第01510号 日本貸金業協会会員第005986号
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]