編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

トピー工業「2019年度グッドデザイン賞」を受賞 日本初の鉄筋コンクリート用棒鋼コンパクトコイル「TACoil(R)(ティーエーコイル)」

トピー工業株式会社

From: PR TIMES

2019-10-02 13:30

~「グッドデザイン・ベスト100」にも選出~

 トピー工業株式会社(本社:東京都品川区、社長:高松信彦)が「材料・空間・時間・エネルギーなど鉄筋加工のあらゆるムダの削減」をコンセプトに開発した、鉄筋コンクリート用棒鋼のコンパクトコイル「TACoil(R)」(ティーエーコイル)が、公益財団法人 日本デザイン振興会が主催する「2019年度グッドデザイン賞」を受賞しました。さらに、「明日を切り拓く力をもったデザイン」として「グッドデザイン・ベスト100」にも選出されました。



 
[画像1: (リンク ») ]

現在の鉄筋加工業界は、若年者層の著しい就業率低下や就業者の高齢化などによる慢性的な人手不足が大きな問題となっています。このたび受賞したティーエーコイルは、人手不足に加えて保管スペースや加工ロスなど、鉄筋加工に関わる皆さんが抱える課題解決に貢献する製品である点が高く評価されました。


[表: (リンク ») ]



□ 製品名称:TACoil(R)(ティーエーコイル)

[画像2: (リンク ») ]

□ 製品概要:
 規格:SD295A、SD345
 サイズ:D10、D13、D16
 寸法:1tコイル・内径:900mm、外径:1,115mm、高さ:500mm
     2tコイル・内径:900mm、外径:1,165mm、高さ:800mm(今年度発売予定)

 ティーエーコイルは、2019年10月31日(木)から5日間にわたり、東京ミッドタウン(東京・六本木)で開催されるグッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」のキャノピー・スクエア(プラザ1階)にてご覧いただけます。

※2019年10月31日(木)には、「ベスト100」の中から特別賞などが選定、発表される予定です。

■デザインのポイント
[画像3: (リンク ») ]


■使用例
[画像4: (リンク ») ]



グッドデザイン・ベスト100とは

[画像5: (リンク ») ]

グッドデザイン・ベスト100は、その年のすべてのグッドデザイン賞受賞対象の中で、審美性、提案性、可能性など総合的に優れているとして高い評価を受けた100点です。今日におけるデザインの水準を高めるに相応しい、これからのモデルとなりうるデザインであり、今年度グッドデザイン大賞をはじめとする特別賞各賞がグッドデザイン・ベスト100の中から決定し10月31日に発表されます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]